緑洞の家 リビング: フォーレストデザイン一級建築士事務所が手掛けたです。

緑のあふれる周辺環境を利用したシンプルでモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、緑の豊かな周辺環境を生かして快適になったモダンな住まいです。一体感のある家族室や気持ちのいいバルコニーも設けられており、敷地の条件をポジティブに利用しながらゆったりとリラックスできる住空間が完成しています。このプロジェクトを手掛けたのは、京都を拠点に活動するフォーレストデザイン一級建築士事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

緑豊かな周辺環境

敷地の周辺は山や小川、遊歩道、公園に囲まれているというとても緑豊かな環境。ただ、南側には隣家が建っている状況だったため、どのように南側からの採光を取り入れればよいのかを考慮しなければなりませんでした。また、プライバシーや周辺の緑を上手に住まいに取り込むことなども考えられ、敷地条件をポジティブに生かした家作りが進められました。その住まいの外観は、黒を基調としたシンプルでモダンなものとなっています。2階に設置されたバルコニーも気持ちが良さそうな雰囲気ですね。

モノトーンの玄関ホール

白を基調とした壁に、暗めの色合いのフローリングが合わせられモノトーンとなっている玄関ホール。シンプルですがどことなく温かみを感じるのはホール全体が明るさに包まれているからでしょうか。玄関から廊下に目を向けた正面奥には開口が設けられ、周辺の緑の眺めをさりげなく取り入れています。帰宅する時にもホッと心が癒されそうですね。天井が一部スノコ状になっており、隙間から玄関の気配を2階にもさりげなく伝えます。

開放感のあるリビング

こちらは2階に設けられたLDKの様子です。一直線上に、手前にはリビング、奥にはダイニングキッチンが配置されています。なだらかな勾配天井にあらわしとなった梁がリズムよく並んでいて、天井がインテリアのアクセントとしても機能していてお洒落ですね。大きな開口に面したリビングからはバルコニーに出ることができます。窓を開け放つと、室内からも周辺の自然を感じる空気やさわやかな風が楽しめそうです。

快適な自然光は高窓から

こちらはダイニングキッチンの様子です。南側の上部にはハイサイドライトが設けられており、ここから快適な自然光がLDK空間に降り注ぎます。これなら、敷地の南側に隣家があっても外部の視線を気にすることもなく、効率的に住まいに採光を取り入れることができますね。

一体感のある空間

こちらは違う角度からのLDKの様子。キッチンのそばには開口があり、外の眺めも楽しめそうです。オープン型のキッチンはLDK全体が見渡せるので、料理をしていても部屋の様子がよくわかって安心ですね。夏や屋外が気持ちいい季節は、リビングから気軽にバルコニーに出て、開放的な雰囲気を味わったり、リビングのようにただのんびりとくつろいだり、食事や読書を楽しむスペースとしても多いに利用出来そうです。

シンプルな寝室

こちらはベッドルームの様子です。白を基調としたインテリアに勾配天井のシンプルな空間。ハイサイドライトから優しい自然光が差し込み、毎朝気持ち良く目覚められそうな雰囲気です。ベッドをはじめ、シンプルな空間に風合いの美しいナチュラルな家具がとてもよく似合っていますね。

周辺環境を上手に取り入れた快適な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!