町家のように奥庭のあるシンプルな家

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

町家のように奥庭のあるシンプルな家

JUTO JUTO
光町のいえ: 安江怜史建築設計事務所が手掛けた家です。
Loading admin actions …

ご紹介する住宅はごく一般的な住宅地にある奥行きのある敷地に建っています。すぐ隣に貸し駐車場という少々雑多な印象の立地ですが、見方を変えれば視界の開ける開放的な場所とも言えますね。シンプルな切妻屋根の家、中は一体どんな風になっているのでしょう?

無駄を削ぎ落とした佇まい

場所は岐阜県、安江怜史建築設計事務所が手がけた住宅です。接道部分の間口が狭い奥行きのある敷地。ご覧のとおり隣の敷地は貸し駐車場となっています。境界塀も特に設けずその代わりプライバシーや騒音などに配慮し、外観は閉じたデザインとしています。道路側に余白をとり前庭とエントランス空間を配置。

閉じた空間でプライバシーを確保

敷地の長手方向のファサードを見てみましょう。シンプルな形態がかえって周囲の住宅と一線を画し、遮るもののない駐車場側からもその存在が目立つ佇まいです。全体にライトグレーの塗装を施した外壁は正面の妻壁と側面の壁とテクスチャーを変えることで控えめながら異なる表情を作り、水平ラインは建物の奥行きを強調し、背後に続く庭空間まで覆っています。

光を取り入れる玄関廻り

建物を欠き込んだようなデザインの玄関ポーチ。4面をクールなグレーのトーンで囲んだポーチに引き戸スタイルの木製の玄関扉を合わせ、柔らかな雰囲気を添えています。また両サイドに嵌め込んだガラス板を通して柔らかな光が内部に広がるようになっています。

町家のような間取りを取り入れたミニマル空間

玄関を入ると直接LDKに続きます。コンパクトにまとめた間取りと北欧っぽい雰囲気のインテリアが暖かみのある心地良い住空間を演出。無駄なものを削ぎ落としたデザインがそのまま住み手のライフスタイルを反映するかのよう。選び抜かれたセンス良い家具や照明で統一し、ざっくりとした空間をお洒落に演出しています。

天然の木が心地良いインテリア

セミオープンスタイルのキッチンの立ち壁には造作で収納スペースを確保。右手は玄関です。引き戸がついているので開閉によって開放的な空間にもなるし、仕切ることもできるフレキシブルなプランをとっています。キッチン奥の壁はダークグレーの仕上を施した壁が全体の淡い雰囲気のアクセントとなって空間を引き締めてくれる効果を持っています。コンパクトだけれど機能的なキッチン、限られた面積にもうまく対応してくれるので是非参考に。

半透明の引き戸がもたらす機能的な役割

リビングから玄関の方向を見たところです。半透明の間仕切りによって玄関口からの採光も確保。外部に向って開口をほとんど設けていない場合、採光や換気の確保が問題になってきますよね。このようにプライバシーに配慮しながら取り入れるインダイレクトな採光、是非参考にしたいですよね。キッチンの奥には十分な収納力を持つパントリーも設置。

段差のあるリビング

さらに同じ方向を引いて見てみると吹抜けのあるリビングエリアが現れてきます。蹴込みのない軽やかな階段下を低くし、段差のある空間で単調になりがちなワンルーム型のLDKに変化を持たせています。

吹抜けによってもたらされる開放感

角度を変えて見るとこんな感じ。吹抜けのおかげで床面積が小さめでも広がりが感じられるますね。段差や吹抜けといった空間の操作によって予想以上の豊かな空間と視線の変化が生まれるんです。

奥庭とつながる生活空間

基本的に閉じた外観のこの家にはプライベートな庭空間を敷地背後にデザインしました。まるで京町家に見られる奥庭のようで、きっと気持ちの良い風が通り抜けるのではないでしょうか。壁で囲われているのでプライバシーもしっかり確保。淡いグレーの壁とテラスが構成するミニマルな外空間、大きな引き戸を開ければリビングと繋がり、生活空間の一部となりそうですね。

シンプルなデザインが際だつ外観

庭から内部を見たところです。シックな外壁の色味は建築家とお施主さんが一生懸命選んだもの。木のナチュラルな開口枠とともに調和するグレーの色調によって作り込みすぎないデザインがより際立ちます。グレーの外観と天然木の組み合わせの佇まいは「風景に馴染む平屋建ての家」でも見られます。

フレキシブルに対応するざっくりとした屋根裏空間

2階はざっくりとした間取りと勾配のある天井一面に張ったラワン合板によりラスティックな雰囲気が漂っていますね。天窓から採光を確保した明るい屋根裏部屋のような空間は、電球を下げただけの照明もその形状やデザイン性のあるソケットでお洒落な雰囲気に。住まい手のライフスタイルによってどんどん彩られていくような無垢な住空間、こじんまりとまとまっているにもかかわらずとっても豊かな印象を受けます。

道路側からは想像つかない奥庭のある豊かな家、いかがでしたか?皆さんの意見を聞かせてください!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!