ミニマルスタイルってなに?

mami.k mami.k
Loading admin actions …

ミニマルスタイルとは、直線的で無駄のないフォルムのインテリアが特徴のスタイルです。ホワイト一色で屋内を統一したり、目立たない壁面収納を使ってスペースを広く取りシンプルな空間を作り出します。インテリアの素材感は抑え、無機質さを楽しむスタイルです。

1、リビングの場合

鷹取久アーキテクトオフィスの設計によるこちらの住宅のリビングは、白で統一されたシンプルな部屋です。壁に埋め込まれた棚やテレビが、平面的な広がりを作り出しています。テーブルやソファなどのインテリアは直線的なラインのが整然と並ぶように配置されており、無駄をそぎ落としたような空間を演出しています。ミニマルスタイルのお手本のようなリビングです。

2、キッチンの場合

徳島県阿波市に建てられたこちらの住宅は、周囲に点在する倉庫に似た形の外観がとてもシンプルです。屋内も、白を基調にしたミニマルな空間が広がっています。このキッチンはカウンターからそのまま続くダイニングテーブルが機能的です。フラットな一枚板にシンクが空いただけのキッチンカウンターは、無駄を極限まで省きながらとても使いやすそうです。スッキリとした見た目だけではなく、機能性も兼ね備えるのがミニマルスタイルの魅力です。

3、ベッドルームの場合

House for Installation: Jun Murata   |   JAMが手掛けた寝室です。
Jun Murata   |   JAM

House for Installation

Jun Murata | JAM

裁縫家である施主様が求められたのは静謐で快適な空間だそうです。白で統一されたシンプルな屋内のイメージは、このベッドルームにも通じています。ベッドルームもキャビネットなどの装飾を極力少なくし、シンプルな間取りがより広く感じられるようになっています。サイドボードとベッドのラスティックな木材の存在が、ミニマルな空間に温かみを添えています。身体を休める場所には、これくらいの素材感を交えてみてもいいかもしれませんね。心静かに眠れそうなベッドルームです。

4、バスルームの場合

こちらのバスルームは四角いバスタブと白で統一された内装が無駄なく機能的な印象でミニマルな空間と言えるでしょう。洗面所との仕切りをガラス張りにしたことで空間的な広さも演出しています。洗面所の壁収納を大きく取ったことで、水回りにありがちな煩雑さが解消できてすっきりとした印象を与えているとともに実用性も高そうです。

5、勉強部屋の場合

書斎や勉強部屋と言うものは、家の中で静かさやシンプルさが最も求められる場所なのではないでしょうか。こちらのお部屋は直線的な据え付けの本棚と勉強机が配置されたミニマルな勉強部屋です。余分な装飾のない空間はまさしく勉強をすることにだけ集中できる環境と言えますね。フロアと壁の一部分に用いた黒が、空間に落ち着きをもたらしています。

6、子供部屋の場合

こちらは神奈川県に建てられた住宅の子供部屋です。このお宅はこじんまりとした四角い外観や白を基調にしたシンプルな内装が総じてミニマルな印象です。そのイメージはこの直線で構成された子供部屋にも通じていますが、子供部屋らしく、木材のフローリングや扉、棚板などが優しく温かい印象もプラスしています。白いキャンバスに並んだ大小の四角ような木製の扉が、目に楽しいですね。

ガーデンテラスのあるオフィス: Style is Still Living ,inc.が手掛けたベランダです。
Style is Still Living ,inc.

ガーデンテラスのあるオフィス

Style is Still Living ,inc.
せっかく外の空気を感じながらリフレッシュするのなら、のびのびとくつろげる空間にしたいですよね。大きなソファはそれを可能にしてくれます。の設計によるこちらのオフィスのバルコニーにはゆったりと腰掛けられるソファが置かれています。屋内で使うものと同じようなすわり心地のものだと、外にいながらプライベート感が出てリラックス出来そうです。グレーのソファは屋外の難点である汚れやすさも解消してくれますね。 STYLE IS STILL LIVING,INC.https://www.homify.jp/professionals/59694/style-is-still-living-inc
シンプルでかっこいいミニマルスタイル。取り入れてみたいたいですね。コメントお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!