現代流にアレンジされた小屋がアツい!庭に佇む小さな隠れ家

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

庭に置かれた小屋には母屋に入り切らないものの収納に使用したり、自転車や農機具などの置き場にしたりと実用性が主な利用用途でした。しかし現代流にアレンジされた小屋は、それ自体がひとつのプライベート空間として成り立つスタイルを感じさせるものとして進化しました。今回はポーランドとイギリスより2点ご紹介します!

CANNA by Grupa BIO3

まずはポーランド北部の港湾都市グディニャよりGrupa BIO3が手掛けた小屋をご紹介します。BIO3はアウトドアレジャーやレクリエーションに関連した製品に力を注いでおり、中でも社の主力製品のひとつがスモールガーデンハウスです。季節を問わずアウトドアを楽しめること、都会の隠れ家になること、またはゲスト用のおしゃれなベッドルームとして使えること… など様々な目的に合った小屋を提供しています。

BIO3が提供する小屋シリーズのひとつ、「CANNA」と名付けられたこの小屋は、モダンなデザインと機能性が融合したガーデニングファンの為の小屋だそう。焼き杉の色味のような黒い木材が周囲の自然環境に馴染みつつも、内部空間は白く塗装されたスタイリッシュな仕上がり。よくあるいかにもなログハウス風の小屋と違って現代風でモダンな印象です。

作業着や鍬を収納したり、これから植える苗の一時保管にも。収穫したりんごをかじりながら明日の作業予定をチェック。

ガーデニング用といっても、もちろん夏の野外キッチンとしたり、趣味専用のお部屋にしたり、夢のマイサウナを設置することも可能!ギターとお気に入りの照明を置いて、プライベートなコンサート会場にもできますね。パパと息子の秘密基地にして、男だけの楽しみ方だってできます。

窓辺だけを見ると通常のカントリー風ハウスと何ら遜色ない趣きです。実用性だけを求めた味気ない従来の小屋とは違って、お気に入りのアイテムでデコレーションして大切にしたくなる、これは最早一軒の ”住居” ですね。

「このCANNAが ”ホームセンターで売っている小屋” 以上の何かに値すると思われたらぜひ当社のオファーを見てみて下さいね!」だなんて、どこからどう見てもそれ以上の価値がありますよね!

小屋のサイズは2.5m x 3.8m、高さ2.8m。内部空間は7.5平米で、必要敷地面積は最低3.5m x 4.5mです。

The Chaddleworth guest room by DOWNLAND SHEPHERD HUTS

Downland Shepherd Huts が手掛けたガレージ
Downland Shepherd Huts

Downland Shepherd Hut

Downland Shepherd Huts

続いてはイギリス・ニューベリーよりDOWNLAND SHEPHERD HUTSのこちらの小屋。 SHEPHERD HUTSとは羊飼いの小屋のことで、彼らは伝統的な小屋の成り立ちと職人の技術を生かしつつ、現代流にアレンジした工法を採用しています。外観はクラシックで、土台となっている鋳物製の車輪も古き良き時代を感じさせるデザインとなっていますが、外壁には構造用断熱パネル(SIPsパネル)を使用して快適な内部空間となっています。

Downland Shepherd Huts が手掛けたガレージ
Downland Shepherd Huts

Downland Shepherd Hut

Downland Shepherd Huts

しかもゲストルームというだけあって、ダブルベッド、ミニキッチン、バス&トイレにワードローブその他諸々が完備されています。庭で摘んだお花を飾ってこんなロマンチックな空間に演出したら、もうホテル並みの快適な滞在をお約束。

3.6m x 2.15mが基本サイズですが庭のスペースに合わせて伸縮可能だそう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!