中庭からリビング: 窪江建築設計事務所が手掛けた庭です。

2つの庭が生み出す心地よさ「中庭のある家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

庭は家にある屋外空間で、暮らしにゆとりや落ち着きをもたらす重要な場所。大都市でなければ、庭がある家は少なくないかもしれません。ですが、2つの庭を持つ家となると珍しいでしょう。窪江建築設計事務所が手がけたのは2つの庭がある「中庭のある家」。こちらの家ではただ庭が2つあるだけでなく、それによって心地良い暮らしが可能となっています。それではそんな家を見ていきましょう。

中の様子がわからない外観

家は浜松市の住宅地に建てられました。木造平屋建ての家が建つのは交通量の多い通りに面した土地。そんな建物を外から眺めると、白い外壁、コンクリートの塀、そしてガレージの建物が見えます。家には大きな窓が無いため、建物内部の様子を見ることができないでしょう。このようなシンプルな外観もあって、中の様子が見えない家は印象的に見えます。

塀の裏に広がる美しい空間

1つ目のがあるのはコンクリートの塀の裏側。塀、ガレージ、そして家に囲まれた空間となっています。そこにあるのは芝生と植えられた木。緑が美しい庭は外から全く見えないため、人目を気にせずにくつろぐことができます。もちろん、せわしなく車が通る家の前の道路を見る必要もありません。ここでは落ち着いた生活が送れるように、騒がしい外の世界は家に影響を与えないようになっています。

開放感を生み出す庭

外から中が見えないように、建物はプライバシーのある空間を生み出します。ですが家は外と隔絶された空間ではありません。庭と家の間には大きなガラス窓。そのため家の中から目の前に広がる緑の空間を眺めることができ、開放感が感じることができるでしょう。そればかりでなくガラス窓は壁に収納できます。それを収納してしまえば、気軽に外へと行き来できるため、家は庭によって屋外空間と繋がりを持つことになるのです。

風が通り抜ける家

建物にはもう1つ庭があります。それは家の中にある中庭。タイルが貼られており、1つ目の庭とは違う雰囲気を感じさせるでしょう。ですが果たす役割は変わることはありません。中庭と家との間はガラス窓になっているため、中庭に射し込む光は、室内も明るく照らし出します。もちろん気軽に出入りできるため、空間に開放感を生み出すでしょう。何より忘れてはいけないのは風が通り抜けること。庭と中庭に面する窓を開ければ、庭から中庭へと風が流れます。そのため空気が澱まず、家は心地良い空間となるのです。

庭がもたらす心地よい空間

エントランスゲート: 窪江建築設計事務所が手掛けた家です。
窪江建築設計事務所

エントランスゲート

窪江建築設計事務所

「中庭のある家」にある2つの庭は、そこでの暮らしに様々なものを与えてくれます。プライバシー守るため家が外に開かれていないにも関わらず、開放感を感じさせてくれます。また室内に自然の暖かな光をもたらします。そして新鮮な空気を家に運ぶのです。このような庭は家を心地良い空間として演出し、ここでの暮らしを素晴らしいものにしてくれるに違いありません。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭の上手な使い方まとめ集 

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント! 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!