見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

モダンxミニマルで上質な生活空間を

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

愛媛県松山市に拠点を置き活動する細川建築デザインは”シンプルで上質な空間”を提案しています。彼らが手掛けた物件の中から今回は高知県四万十市にある住宅を紹介します。クライアントは、この地で新しくスタジオを立ち上げるにあたり、事務所とガレージを併せ持つ住宅を望まれました。具体的な要望は「箱形の特徴的な外観と広い階段」というもの。どんな住宅となったのでしょうか、さっそく見ていきましょう。

外観

外観は箱形のフォルムをより強調するため、開口部のほとんど無い閉じられたファサードとなっています。まさに白いボックスが積み重ねられたような外観が、青い空をバックに特別な存在感を醸し出しています。また、柔らかいオフホワイトの外壁、コンクリートのライトグレー、そして庭に敷き詰められたブルーグレーの敷石など、白からグレーへの繊細なグラデーションが美しく魅力的です。事務所併設のこちらの住宅、仕事場とプライベートの場を明確に分けるため建物中央にガレージを配置しました。

エントランス

玄関は一直線に視線が抜ける印象的な空間です。正面にある開口部により自然光が差す明るく健康的な雰囲気の玄関に、また奥行きを強調して空間にさらに広がりと伸びやかさを与えています。左手にある中庭に面したガラスの開口部も採光と共に、室内に温室のギャラリーがあるような華やかさを加えています。

階段室

クライアントの要望に応え、階段室は余裕のある広さです。床材と共通の木材で造られた階段は、赤みがかった深いブラウンがリッチで落ち着きのある大人の雰囲気を演出しています。壁と天井は外観同様白で統一、繊細でミニマルなデザインの手すりを黒とすることで、空間を引き締めると同時にアクセントとしています。この階段を上がっていくと見えてくるのが大きなガラスの開口部とその先に広がる外部吹抜けの中庭です。空に向かって登っていくような開放感と驚きがありますね。

中庭

2階が主な居住スペースとなっています。中央にたっぷりと陽が入る中庭を配置して、閉じられたデザインの外観からは想像できない開放的で明るく気持ちのいい空間となっています。中庭との境界は大胆なガラス張りに、さらに室内のフローリングと同じ色味のウッドデッキを敷いて室内外の連続性を持たせ、中にいても外にいても広々とした空間を楽しむことができます。

中庭を取り囲むLDK

この中庭を取り囲むように、リビング、ダイニング、キッチン、洗面室が配置されています。オープンプランですが、中庭を中心としたレイアウトでそれぞれのエリアを緩やかにゾーニングして、仕切りはなくてもエリアごとにまとまりのある生活空間となっています。

ミニマル&モダンなインテリア

こちらはキッチンからのアングル。白で統一したインテリアはミニマルでモダンなデザイン。部屋にペンダントライトは使用せず、天井に埋め込むダウンライトのみを採用することで空間のボリューム感を引き立てています。濃紺に染まっていく空を背景にライトアップされた室内は、よりスタイリッシュでエレガントな表情に変わります。

光庭のような中庭が魅力的ですね。ぜひあなたの感想も教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!