Giesser Architektur + Planungが手掛けた家

ツーバイフォー工法のメリット・デメリット

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

ツーバイフォーという言葉を耳にしたことがあると思いますが、実際にどのようなものかをご存知の方は意外に少ないのではないでしょうか。そこで今回は、ツーバイフォー工法の特徴、そしてメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。選ぶ工法によって、建物の構造であったり、将来のリノベーションの可能性も変わってくるので、それぞれの家づくりと思い描く将来像に合わせた工法を選んでいきましょう。

ツーバイフォー工法とは

PATH Architectureが手掛けた家
PATH Architecture

Laurelhurst Carriage House

PATH Architecture

ツーバイフォー工法(2×4工法)とは、木材を用いる建築工法の1つで、日本では特に「木造枠組壁構法」という言われ方もします。もともとアメリカを中心に普及した構法で、2×4とは2インチ×4インチという角材のサイズを指します。その2×4の木材を基準として、2×6、2×8など複数の種類の大きさを組み合わせて家を構成していきます。材料の結合は主に釘と金物を用いて行っていくため、比較的大工さんのような経験や技術を必要としない工法となります。

メリット1:安定した品質

ツーバイフォー工法のメリットとしてまず挙げられるのは、安定した高い品質です。用いられる角材の規格が統一されているだけでなく、釘の大きさや打ち込む間隔まで、様々なことが細かく決められています。また、職人の技術や経験に左右されない工法であることも、品質の安定化へとつながっています。こちらの有限会社スタイラスが手掛けた住まいでは、建物本体を木造枠組壁構法で建てながら、外壁のレンガタイルは職人の手仕事によって美しく仕上げられています。是非こうした使い分けもうまく考えてみて下さい。

メリット2:優れた耐震性

ツーバイフォー工法は、「木造枠組壁構法」とも言われるように、主に壁と床という面によって家を支える工法になります。一方で、日本で古くから発展してきた「木造軸組構法(在来工法)」は、主に柱や梁という線によって家を支える工法になります。そのため、木造枠組壁構法は地震による揺れが小さく、木造軸組構法よりも比較的耐震性に優れた家としやすいと言えます。しかし、それでも地震による被害がゼロになるわけではないので、決して油断はすることなく、家具を固定するなどの地震対策は必ず考慮していきましょう。

メリット3:工期の短さ

木造枠組壁構法のもう1つのメリットは、木造軸組構法と比較すると工期が短いということも挙げられます。在来工法では、大工さんなどによる手作業が必要になってくるため、材料が規格化されシステム化された工法のツーバイフォーと比べると、必然的に工期が長くなってしまいます。建設期間中に仮住まいに住まなければならない方にとっては、賃貸費用を抑えられるなどのコスト削減にもつながります。

デメリット1:ツーバイフォーでは間取り変更が難しい

2×4工法のデメリットとしては、間取りの制限があること、そしてリフォームにおける間取りの変更が難しい点が挙げられます。壁によって支えられる工法になるので、壁がそのまま構造となっています。そうしたことから、リフォームで壁を抜いてキッチンとダイニングを1つにするなどの間取り変更が難しくなります。もし、将来間取りを変更しようと考えている方は、そうした制限を考慮しておきましょう。

デメリット2:大きな開口を設けづらい

間取りの変更が難しいことと同様の理由で、大きな開口が設けづらい点もデメリットとなります。開口部を大きくするには、どうしても壁を大きく抜かなければならないので、ツーバイフォー工法では構造の強度が低下してしまうことになります。そうした点では、柱と梁で支える在来工法の方が自由に窓を開けられることから有利となります。大きな窓については、こちらの「大きな窓は好き?嫌い?」も参考にしてみて下さい。

住まいのメリットとデメリットの比較は、こちらの記事でも紹介しています

※ 和風建築と洋風建築のメリット・デメリット知っておきたい!

※ いま流行りの土間のメリット・デメリット 

※ Ⅱ型キッチンで余裕のある台所!そのメリット・デメリット

▼homifyで建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

あなたの理想の住まいに合わせて、工法も適切なものを選んでいきましょう。コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!