積み木の家 愛知県 N House

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

愛知県に拠点を置く磯村設計事務所は「何年住んでも飽きない、愛着の増す建物作り」を目指し活動しています。そんな磯村設計事務所に、小さなお子様を二人持つ若いご夫婦から新築物件の依頼がありました。しかしクライアントからの要望に細かいものはなく(最低限の諸室面積程度)、ほとんど唯一と言ってもいい要望が「積木のようなシンプルな家」であったといいます。建築士はどのような住宅を建てたのでしょうか。さっそくご紹介します。

別名「六角形の家」

敷地は約30坪ほどで、東に向かって下る北側道路に面した郊外の土地。道路面以外はすべて住宅が建っているという典型的な開発宅地です。平面構成は3間角(5460x5460)の2つの正方形を1間角分重ねて配置したシンプルなデザイン。しかし上空から見るとその形は六角形となっています。正面入り口外観は斜めを向き、三角形に切り込まれたような玄関ポーチに天然の木材の迫力と美しさ。見た人に不快感を与える奇抜さではなく、しかし記憶に残る印象的な佇まいです。

木材で仕上げた温かい空間

外壁は左官仕上げ、軒は高温多湿の気候条件に抗するよう深くとってあるので、強い日差しを遮りつつ風通しを確保して湿気がこもりません。内装は国産材のスギとヒノキを使用して、手の平で、足の裏で、いつも天然物の心地良さに触れることが出来ます。キッチンも無垢材で作り、照明はクライアント自らが選んだそう。小さなお子様がこれからすくすくと育つような温かみに溢れた空間になりました。

スキップフロアを選択するということ

正方形が1間角分重なった部分に階段を配置して、お互いのエリアに最短距離で移動できるようになっています。またこちらのリビング&ダイニングルームの写真のように、各部屋を緩やかにつなぐスキップフロアは、いつも家族の気配を近くに感じていられるレイアウトが可能です。新築、リノベーションする際にスキップフロアを作るという選択は、常に目を離せない状況の小さなお子様がいる家庭だけでなく、家庭内のコミュニケーション不足から起こる問題が多発している現代、”核家族”のあり方を再考する上で、実は重要な選択肢のひとつかも知れません。

三角形のバルコニー

ボリュームが南に正対するように3間角の頂点を結び作られたバルコニーは三角形です。目下に広がる景色は緑に溢れ、四季折々の美しさで生活を彩ってくれることでしょう。天気の良い日はお茶をしたり、読書もいいですね。

シンプルな”パーツ”を積み上げた家

「クライアントの要望、周辺条件、建築家としてのアイデア、それらのさまざまな「1かけ」のパーツがN Houseを形成している」という建築士の言葉。「積み木の家」とは、家の形状や工法というよりも、様々な「1かけ」のパーツを丁寧に、何年住んでも飽きない愛着の増す建物となるよう積み上げた、という意味だったのですね。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!