雁木のある家: YASUO TERUI Architects Inc.が手掛けた家です。

北海道の自然を活かした住宅「雁木のある家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

北海道で家を建てるなら、何を考えなくてはいけないだろうか。それはきっと多く積もる雪や厳しい寒さだろう。北海道の厳しい環境は建物に大きな制限を与えてしまう。でも、そのような厳しい環境を活かした住み心地の良い家もある。今回紹介したいのは、照井康穂建築設計事務所が建てた「雁木のある家」。それは北海道の自然環境を楽しめる家となっている。

環境に配慮した家

建物が建つのは北海道札幌市の郊外。森が近くに広がる住宅街の外れにある。建物を遠くから眺めると、見えるのは斜面に建つ木の家。それは木々に囲まれて自然に溶け込んでいるように見える。また家を建てる際には建物が建つ場所だけを伐採し、斜面に伸びる木々をできる限り自然のままの状態を残したという。そのため、このような木の家は周辺の環境に配慮をしたものと言える。

家に設けられた雁木

そんな木の家の特徴となるのは、付けられた名前の通り、建物に設けられた雁木。それは家の軒が外へと伸びて屋根のようになったもので、雪の深い東北や信越地方で見られる。ここでは雁木を家の前に取り付けて、雪が積もっても移動できるようになっている。そのため、冬の時期には家に無くてはならない重要な役割を果たすことになるだろう。

夏の陽射しを和らげる雁木

だが、そんな雁木が役立つのは冬だけではない。それは建物の南側に取り付けられているため、夏の強い陽射しを遮ることができる。そして高くなりがちな室内の気温を低く抑えてくれる。また家の周りに生える木々も雁木と同様に陽射しを和らげる。このように夏の間も空調に頼りきりになることはなく、ここでは自然に優しい生活も送ることができるだろう。

環境を取り込むガラス窓

建物内に広がるのは打ちっ放しのコンクリートの使った現代的な空間。コンクリートはシンプルな力強さを感じさせるが、寒々しさを感じさせることはないだろう。なぜなら建物の北側には大きな窓が取り付けられており、外の美しい風景を建物に取り込んでいるからだ。それは冬の時期には降り積もった雪の白さや反射する光を多く取り込んでくれる。そしてコンクリートの空間は冷たい雰囲気を生み出すことなく、周辺の自然環境を活かした心地良い空間を生み出すことになる。

自然に寄り添う住宅

「雁木のある家」は、厳しい自然を打ち負かすような建物ではない。それは自然を家のために活用している。雁木は冬に建物の雪で覆われることを防ぎ、夏には心地良い室温を生み出す。また大きなガラス窓は、風景や自然の光を取り込む。このように本住宅は自然に寄り添い、環境を活かして、快適な生活を可能にしてくれるのだ。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!