エコハウスで環境にやさしい住まいに!その特徴と実現していくためのポイント

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

エコハウスで環境にやさしい住まいに!その特徴と実現していくためのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
CASE-I/S: 株式会社PLUS CASAが手掛けたリビングです。,モダン
Loading admin actions …

エコハウスに住みながら、出来るだけ環境に負担をかけない生活を送る方が年々増えています。また、そうした住まいは建設から建て替えまでも環境にやさしい家づくりがされています。そこで今回は、エコハウスの特徴と、そうした家と生活を実現していくためのポイントを紹介していきたいと思います。もちろん初期費用は通常の住宅よりも高くなりますが、その後の生活の質をその分高めてくれると同時に、光熱費などのランニングコストを抑えてくれるので、コスト面はトータルで考えて是非エコな家を実現してみて下さい!

エコハウスとは

大井の平屋: 環境創作室杉が手掛けた家です。,オリジナル
環境創作室杉

大井の平屋

環境創作室杉

エコハウスとは、生活をする上で出来るだけ環境に負担のかからない家のことであり、なおかつ家を建てる際や建て替え、取り壊すまでにも建材をリサイクルできるなどの配慮がされている家のことであります。そこで重要になるのが、自然エネルギーの有効利用です。地域によっても気候や有効に利用できる自然エネルギーは変わってくるので、家づくりからそれぞれの地域に合った方法を選んでいくことが大切になってきます。

高気密高断熱で冷暖房のエネルギー効率を上げる

エコハウスにしていく上でまず考えなければならないことは、冷暖房のエネルギー効率を上げることです。快適な空気を室内に留めておくために、壁や屋根・天井、そして窓の断熱性や気密性を高めていきましょう。それだけでは空気が淀んでしまうので、こちらの住まいのようにエネルギーロスの少ない全館空調システムを導入するなどして、効率的な換気システムを取り入れていきましょう。

明るく風通しの良い家でエネルギー消費を減らす

冷暖房をはじめ、照明などを使わなくても快適に過ごしていける住まいづくりをしていくことも重要なポイントとなります。大きな開口を設けたり、日当たりがあまり良くない敷地でもトップライトを採用するなどして明るい住まいとしていき、日中は照明が必要なくしたり、家の中を心地良い風が吹き抜けるようなつくりにしたり、土間などを取り入れて日射による熱を蓄熱するなどして、冷暖房のエネルギー消費を抑えるつくりを取り入れていきましょう。トップライトについては、こちらの「トップライトが果たす役割まとめ」も参考にしてみて下さい。

自然エネルギーの活用

エコハウスにするために最も大きなポイントと言ってもいいのが、自然エネルギーの積極的な活用です。太陽光エネルギーを利用する太陽光発電や、風力発電などによる自宅で消費する電気エネルギーの自家発電はもちろんのこと、雨水を利用したり、先程の挙げたような土間の蓄熱作用による放射熱、そして空気の温度差を利用した重力換気など、自然の力をうまく活用した住まいを快適にする術は様々あります。

エコハウスに寄り添ったライフスタイル

おゆみ野の家 屋上緑化や軒の深いテラス、吹抜けなど自然と家族をつなぐ温かみのある家: アトリエ24一級建築士事務所が手掛けたテラス・ベランダです。,モダン
アトリエ24一級建築士事務所

おゆみ野の家 屋上緑化や軒の深いテラス、吹抜けなど自然と家族をつなぐ温かみのある家

アトリエ24一級建築士事務所

先に挙げたようなポイントを押さえながら住まいをエコハウスにしていくと同時に、家族のライフスタイルもそうしたエコハウスに寄り添ったものにしていきましょう。例えば、で野菜や果物を育てたり、あるいは農地付きの家としたり、こちらの住まいのように、季節や時間の移り変わりを感じられる家づくりによって、子どもを含めた家族の環境への配慮が高まっていき、今では子どもたちも積極的に冷暖房にスイッチを切るような、自然を感じながらのライフスタイルにしてみてはいがかでしょうか。

地域の特性を活かした住まいづくり

日本の中でも、北から南まで違う気候風土があり、文化があります。気候風土が違えば、活用できる自然エネルギーも変わってきますし、文化が違ってくれば、家の建て方やデザインも変わってくるでしょう。その地域で古くから住まいに使われてきた技術や素材というものは、持続可能な家づくりへとつながっていきます。こちらの梅澤典雄設計事務所が手掛けた住まいでは、地元の山林から木材を伐採し、地元の製材所で製材が行われました。そうしたことは、地域の林業、経済の再生にもつながっていきます。

エコロジカルな暮らしのために空調についても考えてみましょう!

空調で快適で健康的な室内環境に!知っておきたい6つのこと

防湿のしっかりした結露しない快適な住まいに!結露対策について知っておきたい6つのこと

断熱について知っておきたい6つのポイント

快適なエコライフを楽しんでみませんか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅, モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!