コヤナカハウス: 寺下 浩 一級建築士事務所が手掛けたです。

特別な形をした明るく開放的な家「コヤナカハウス」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

岐阜県の各務原市の住宅地に一軒の家が建てられました。その建物に付けられた名前は「コヤナカハウス」。その名の通り大きな小屋の中に家があるような形をしていており、人目を引くものとなっています。この住宅を建てたのは建築事務所smilo architectsunit。本住宅は個性的な外観を持つだけでなく、生活を快適にする機能も備えています。

特別な外観

「コヤナカハウス」が建てられたのは住宅街の外れの山際。多くの家が並ぶ通りから見ると、三角の屋根の形をした建物が見えるでしょう。その壁には不規則に取り付けられた窓が並び、少し特別な家に見えるかもしれません。山側へと周りこむと、見えるのは建物に開いた大きな切込み。それは四角形で2階建ての建物の半分位を切り抜いた形になっています。その中にあるのは箱型の家。このように本住宅は他にない特別な構造を持っています。

明るく開放的な屋内空間

家の中にある、箱型のスペース見えるのは多くのガラス窓。そこからは自然の光を取り込むことができ、家の中はとても明るくなっています。また窓からは緑が美しい山の景色を見ることができるでしょう。家の中に家があるという複雑な空間になっていても、ここでは薄暗さや閉塞感を感じることはありません。それどころか明るく開放的な印象を感じることができるでしょう。

暖かい雰囲気を生み出す木の空間

個性的な空間が広がる家に使われているのは多くの木材。三角の形をした屋根の下に見えるのは木の天井や梁。上を見上げれば、淡い茶色の空間が目に映ります。それだけでなく床や壁にもふんだんに木材が使われています。そのため建物のどこにいても、見えるのは暖かな印象を生み出す木。家の中にいると、まるで自然に包み込まれるような印象を感じられるでしょう。

自由な使い方ができる空間

このような建物で大きな特徴となっているのは、生活空間となる家と、それを覆う外壁の間にある空間。そこには屋根がありますが、屋外と屋内を仕切る壁がありません。それは建物の中にありながら、外のような空間となっています。こうした空間では、雨を気にせずに洗濯ものを干したり、外の風を感じながら食事や読書を楽しむことができるでしょう。また他の家には無いような自由で創造的な使い方を可能にしてくれるかもしれません。

特別な暮らしを可能にする家

「コヤナカハウス」はその名前の通り、家の中に家がある形で個性的な外観をしています。そして、その個性はここでの暮らしを特別なものにもしてくれるでしょう。ここにはあるのは明るい室内空間、そして自由に使うことができる屋内と屋外の間の空間。本住宅は機能的で心地良い家となっています。このような特別な家は他ではできないような特別な暮らしを可能にしてくれるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!