愛車にだって良い部屋を!高級感あふれるガレージ10

Shoko Shoko
Loading admin actions …

車にこだわりを持っている人は多いですよね。こだわりはそんなにないとしても、通勤や買物に大活躍な車は今ではなくてはならない存在。ずっと乗っていると愛着がわいてきてしまうのも当然です。では大切にしている愛車の休む場所、ガレージについてはどうでしょう? 大切な愛車のお部屋です。どんな空間に置くかによって、愛車も違った顔をみせるはず。今回は、中でも高級感が感じられるオシャレなガレージについて紹介していきます。ひと工夫を入れて空間をつくりだしてみると愛車も喜んでくれるかもしれませんよ!それではチェックしていきましょう!

間接照明でオシャレに仕上げて

こちらはブラジルの建築家によってつくられたガレージ。清潔感のあるホワイトの壁に囲まれ、すっきりとしています。すぐ横には主人の書斎でしょうか。愛車を横にした空間だったら、やる気も出てきそう。壁を使った間接照明を取り入れ高級感あふれる空間に仕上がりました。

愛車と共に過ごす空間

積み上げられたレンガがいい味を出す、高級感のあるこちらのガレージは、滋賀を中心に活躍する榊原建築デザイン事務所によって手掛けられたものです。この隣はリビングとなっており、食事をしながら愛車を眺められるという贅沢な空間を味わえます。またガレージにはバーカウンターまで設けてあり、愛車と共に空間を過ごしながらじっくりお酒をかわすのでしょう。

ホワイトに囲まれた素敵な空間

車の色と同様にホワイトやクリーム色で仕上がった、高級感漂うこちらのガレージ。床にはタイル、天井にはミラーを設け隅々までデザインにこだわった空間です。こちらを手掛けたのは菅原浩太建築設計事務所。関東エリアを中心とし主に高級注文住宅やリノベーション設計を手掛けています。車にこだわっているのなら、ガレージにだってこだわりを持ちたくなりますよね!

高級感はどこからくる?

河岸段丘にたつ住まい: STUDIO POHが手掛けたガレージです。
STUDIO POH

河岸段丘にたつ住まい

STUDIO POH

こちらはガレージというよりも、まるで車がショーウィンドの中に飾られてあるような空間に仕上がっています。関東から東北まで幅広く活動しているSTUDIO POHによって手掛けられました。コンクリートに囲まれ、天井には点々と小さな光が輝き温かみがありますね。この車は家族に大事にされているんだという印象を誰もが感じ取れるのではないでしょうか。モノを大事にする。高級だから大事にするのではなく、大事にしていくから高級感が出てくるのかもしれませんね。

どこからでも愛車を感じられる家

近隣の家との距離がとても近く細長い形状という敷地条件の中、家の主人の要望はただ一つ、『愛車と暮らしたい』。兵庫県を中心に活動するKENJI YANAGAWA ARCHITECT AND ASSOCIATESが考えだしたのは、愛車の存在を常に感じられるようにすべての階から眺められるような空間をつくりだすこと。愛車は家族の一員と捉え、家の中央に居場所を与えました。ガレージでなく、お部屋を与えたという感じに仕上がった愛が感じられる空間ですね!

ガレージにインテリア?

こちらはイギリスの建築家によってつくられた空間です。ガレージには沢山のアートが飾られてありますが違和感はありません。でも、ガレージにインテリアを置くというのはあまり聞きませんよね。エントランスのインテリアからなる上品な雰囲気を残しながらも、ガレージではモノトーンなデコレーションで飾られてありオシャレに仕上がっています。ガレージは車庫ではなく、愛車のためのお部屋。素敵に仕上げたって良いですよね!

照明で色んな顔をみせて

Rousseauが手掛けたガレージ
Rousseau

The Bat Cave, Holland Park

Rousseau

こちらのガレージはイギリスから。ピンクや赤のライトでに照らされ、なんだか”特別な空間”といった高級感漂う空間に仕上がっています。たまには照明の色を変えると気分転換にもなりますし、また愛車も違った顔を魅せるはず。せっかくの相棒なのだから、一緒に工夫をしていくと楽しみも増えそうですね!

車と調和する空間

ガラススクリーン越しに趣味の部屋から車庫の中の愛車を眺められる: Guen BERTHEAU-SUZUKI  Co.,Ltd.が手掛けたガレージです。
Guen BERTHEAU-SUZUKI  Co.,Ltd.

ガラススクリーン越しに趣味の部屋から車庫の中の愛車を眺められる

Guen BERTHEAU-SUZUKI Co.,Ltd.

こちらは東京を中心に活動するGUEN BERTHEAU-SUZUKI CO.,LTD.によってつくられたガレージ。車の横ではお茶をできるスペースがあり、家族の支度を待っている時や、車好きの友達が集まった時などには最適な空間ですね!この家の主人の要望であった “ガレージを充実させ愛車のイタリアンデザインに合うような家”というように、かけがえのない時間が過ごせそうな空間が完成しました。

ライトで輝きをプラス

こちらは東京を中心に活動する株式会社T2・アーキによってつくられたガレージ。天井に設置された小さなライトたちが車のボンネットに映り、まるで車がキラキラと輝いているようで高級な雰囲気を醸し出します。コンクリートに囲まれ、しっかりと守られた愛車です。

贅沢に空間を使って

天井のユニークなデザインが印象的なこちらのガレージ。ドイツの建築家によって手掛けられました。広々とした空間に車が可愛らしく並んでいますね。こうして空間に余裕を持って車を置くと高級感も感じられます。ガレージは車の色に合わせたかのようにつくられ、一体感もありますね。

参考になりましたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!