キッチンで重要なのは床である!

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

みなさん、キッチンの床にはこだわっていますか?キッチンは家の中でも特に汚れやすい場所ですよね。汚れの原因は様々で水、油、色々な食品、そしてそれら有機物から発生するカビや虫すら!自宅で料理を一切しないという”非・料理愛好家”のキッチンの方が往々にしてきれいとは皮肉なものですが… 。今回はきれいに保ちつつオシャレさもキープしたいキッチンラバーの皆様へ、掃除がしやすく汚れが目立たないキッチンのフローリング素材三点をお届けします。

タイル

掃除のしやすさで言えばダントツの一位でタイルです。こちらのお宅のように暖色系で大きめサイズのタイルを選べば南欧の住宅のように素朴で温かみのあるキッチンに演出できます。なんだか家族の食欲も湧きそうですね。普段は掃除機のみでの掃除でも、水拭きはもちろん洗剤も使用可能なので頑固な汚れにも対応できます。またタイルは耐熱性に優れている為、キッチントップにも同様のものを使用して統一感のある空間にすることも可能です。

同じタイルでもこちらは蜂の巣構造の六角形タイプです。メインカラーの白を全体に敷き詰め、シンク前にフェイクキッチンマットをカラータイルで作った可愛いアイデア。全体に細かいカラータイルを使用するとうるさくなりがちなのでこのようにポイント使いがお勧めです。

コンクリート

汚れの目立たなさで言えばコンクリートがお勧めです。汚れだけでなく傷も目立たないので、家具やビールケースなど重い物の移動や、バーベキュー用のコンロや炭の収納なども気にせず行うことができます。掃除は気の済むまでデッキブラシでごしごしこすって大丈夫。こちらのキッチンはインダストリアルなダイニングセット+照明を設置して男前な雰囲気。生花と果物を飾って生き生きといたフレッシュ感もプラスして。

冷たい印象になるのが怖いという方は、こちらのキッチンのようにレンガの壁や、木製家具を多く使用すると温かみのある空間になりますよ。

寄せ木張り

寄せ木張りのフローリングは元々、上流階級の人々の住宅に使用されていたものです。それを敢えて汚れやすいキッチンの床に使用する贅沢さを満喫するのはいかがでしょうか?ワックス掛けが必要であったりキープするのは少し大変ですが、毎日良い気分でキッチンに立つことができるはずです!一口に寄せ木張りと言っても様々なタイプがあり、木の種類や色、幅などで印象が大きく変わるので住宅のスタイルに合わせて選んで下さい。こちらはステンレスのアイランドキッチンにも馴染むシックな色味のフローリング。暗い色より明るい色の方が細かいゴミやホコリが目立ちませんよ。

こちらのブラックの寄せ木張りならモダンさをキープしたまま少しのクラシックさもプラスできます。真っ白い柱がお互いを引き立てていますね。

床をどの素材にするかは、キッチンの使用頻度、家族構成、生活サイクルなどで選ぶと良いでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか。ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!