北向きでもこんなに明るい!和モダンな二世帯住宅
岩曽町・北庭の家: 中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsが手掛けた庭です。

北向きでもこんなに明るい!和モダンな二世帯住宅

北向きでもこんなに明るい!和モダンな二世帯住宅

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

北向きの家と聞くと「暗くてジメジメ」といったマイナスのイメージを持たれる方も多いと思います。立地の都合でどうしても南側に開放された間取りや庭が確保できない場合もありますよね。中山大輔建築設計事務所の手がけたこちらの住宅は北庭のある二世帯住宅。北向きでも明るく気持ちの良い住まい、さっそく見てみましょう。

北庭とファサードそして道路との関係

比較的のんびりした郊外に二世帯住宅の建替えとして計画された住宅です。敷地の南側は隣の住宅が迫っており、太陽光の恩恵を十分受けられないため、思いきって北側に庭を設けることに。幸い敷地の北側には道路が走り開放された敷地なので、採光を十分確保できる大きな開口を北東側に設けた建物で囲むようにプライベートな庭空間を配置しています。木製のルーバーによって道路と庭を仕切り、そこからのぞく植栽が街路に対して親しみのある雰囲気を作っています。プライバシーにも配慮した計画によって道路に近い部分は閉じた外壁、そして奥にいくにつれて大きな開口が北向きに現れ、通りからの視線も気になりませんね。

庭を囲むように配置した大きな開口がポイント

こちらは吹抜けのあるダイニングキッチンと2階分によって天井を抑えめにしたリビングエリアが繋がる庭に面した生活空間です。コンパクトな壁付けキッチンをオープンな間取りでダイニングとまとめており、大変使いやすそうですね。天井にも床にも建具にも杉等ふんだんに木の素材を使った自然味あふれる住空間は大きな掃き出し窓によってL字型に配した濡れ縁空間に繋がります。北庭の樹木には順光の光が当たるので、落ち着いた綺麗な風景を享受できるのがメリットなんです。

落ち着いた光が醸し出す柔らかな空間

外壁同様に土っぽさの素朴な雰囲気を醸し出すシックな色合いの壁が落ち着いた北庭にぴったりですね。吹抜けに設けられた2層分の大きな開口からは十分な採光が注ぎ込み、柔らかな光で室内を包みこんでくれます。ソファのあるくつろぎコーナーの上部は立体的な空間の広がりと緩やかな連続性をもたらすロフト空間。

庭で繋がる2世帯住宅

こちらは親世帯の生活空間でしょうか、前述のLDKとL字型に繋がっています。高さをたっぷりとり天然素材で覆った勾配天井が気持ち良いですよね。立ち壁ですっきりと仕切ったキッチンの手前は掘り込み式の座卓のある和モダンな雰囲気の団らんの場です。板の間と面で揃えた縁なし畳が現代風のライフスタイルにもぴったり。こちらも大きな開口を北庭に向けて設置し、たくさんの柔らかな光を取り込んだ明るい住空間になっています。2世帯が異なる角度で配置されているので、視線の交差を避けながら共有の庭を鑑賞することができ、同時に庭を介して緩やかに繋がるのが素敵ですよね。関係性を保てるのが二世帯住宅では家族の程よい距離感が大切になってくるので、庭という共有の外部空間を軸に配置計画するのも一つのアイデアです。

北側の庭でもこんなに豊かな生活空間を演出できる!

東側からの採光と共に柔らかな光を、そして落ち着いた風景をもたらす北庭に大きく開かれた家。既成概念に捕らわれず、土地の持つ特性を生かしながら豊かな家づくりを目指すなら、是非参考に!

中山大輔建築設計事務所が手がけた家はこちらの記事でも紹介しています。

木の温もりを感じる平屋の一軒家

暮らしを豊かにしてくれる庭のあるおうち

自然体で暮らせる家

落ち着いた自然の風景が印象的な北庭を共有する二世帯住宅いかがでしたか?皆さんの感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!