低価格で手に入る心地よい家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を購入することは一生に一度のイベント。そこには色々な理由があるでしょう。例えば、家の建設費用の高さ。また同じ家に一生住み続けるという考え方。高価格で長期間住むことになる家は何度も買えません。もちろん賃貸住宅などを借りることもできますが決して安くはありません。それではそれ以外に選択肢はないのでしょうか。そこで最近注目されているのは古い建物を改装するリノベーション。今回は比較的価格が安く、特別な空間を持った家を紹介します。取り上げるのは鹿内健建築事務所が手がけた「バスキッチンの家」です。

リノベーションによって生まれ変わった住まい

今回リノベーションが行われたのは、千葉県舟橋市にある分譲集合住宅のうちの一戸。それは建てられてから年月が経っており、時代を感じさせるものでした。内部は小さく区切られており、現代的でない間取となっていました。そこにあるのは2部屋の和室、キッチン、そしてバスやトイレ。バルコニーに面した部屋は日当たりが良いのですが、それ以外は薄暗くなっています。このような居心地の悪い空間はリノベーションによって生まれ変わりました。

広がりや家族の繋がりを感じられる空間

改装によって生み出されたのは明るく広々とした空間。部屋を細かく区切る壁を取り払っています。そのため建物内のどこにいても自然の光を感じることができます。壁を取り払うことで生まれたのは1つの大きな部屋。開放感を感じさせる空間は家族の繋がりも生み出すことになります。ここには小さな子供を持つ夫婦が住みますが、家族がいつも顔を合わせることになります。そして家族の繋がりを強く感じられるのです。

広いバスルーム

このようなリノベーションの最も大きな特徴は家に付けられた名前からわかるでしょう。家の名前は「バスキッチンの家」。その名前の通り、キッチンとバスルームが一緒にバルコニーの横に設けられています。今までは自然光の届かない狭い空間で入浴する必要がありましたが、改装によって明るく広い空間で入浴を楽しむことができます。またバスタブの近くにガラス戸やバルコニーがあり、その向こうには美しい外の風景が広がります。そのため外に広がる風景を楽しみながら湯船に浸かることができるでしょう。

引き戸によって可能となる広く開放的な住まい

バスルームが広くなると他の空間が狭くなると思うかもしれません。ですがそうなることはありません。バスルームには引き戸があり、使用していない時は開け放して、キッチンやリビングルームと繋げることができます。もちろん使用する際には引き戸を閉めて独立した空間にできます。そのため普段の生活に使うリビングルーム、そして入浴に使うバスルームに広がりをもたらし、圧迫感を感じさせない居心地の良い生活を可能にするのです。

低価格で、短期間住むことができる、心地よい新しい家

今回建物のリノベーションを依頼したクライアントは、子供が中学校に入るまでの10年間の住まいを探していました。そのため古く狭い住居を購入してリノベーションを行ったのです。そこで必要となるのは、10年間賃貸住宅で住むのとほぼ同額のお金。つまり本住宅は低価格で、短期間住むことができる、心地よい新しい家を可能にしているのです。従来、家については新しく建てるか、借りるしか選択肢がありませんでした。ですがこのようなリノベーションは住まいの選択肢を増やして、新しい住まいのあり方を生み出すことになるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!