意外性と遊び心で満たす!独り暮らしの家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

1人暮らしの間に住まいのリノベーションができるとしたら、どんな空間へと変えてみたいですか?個人の部屋だけでなく、キッチンもお風呂もトイレも全て、住まう本人の為の仕様へ変更するという事。新しい洋服をかった日のようにワクワク、それ以上の楽しみと期待で溢れてしまいますよね。ただ、使い心地や機能、デザインなどの一貫性はDIYでは厳しいこともあるかもしれません。そこで今回ご紹介したいのは、築27年のマンションを1人暮らしのお施主さんのためにリノベーションしたという住まいです。チハルガデザイン設計事務所が手掛けたマンションリノベーションは1人暮らしでも空間を充分に活用できる「寂しくない家」をテーマに計画されました。「居室」「水廻り」「寝室」の三要素が連続するような空間構成によって、遊び心のある賑やかな住まいです。

開放性のあるダイニング

建物は東京郊外にある築27年のマンション。木目のフローリングが包む広々としたナチュラルな空間です。惜しみなく天井まで仕上げられた木素材は空間にメリハリをプラス。白をベースにした室内は、木やガラスから柔らかさと開放感空間へ。シンプルに観葉植物を一つ置けば空間がぐっと映えます。

素材を使って生むインパクト

水廻りの壁を覆うのは白い艶のあるタイル。単調になりがちな空間に素材の異なる仕上げで仕上げることによって、空間の用途の識別やインテリアとしても活躍してくれます。室内の中に開く開口は狭くなりがちな水廻りの閉塞感を気持ちよく開放してくれるような効果も。友人が訪れた際には、なにか別の事をしながらでも会話を楽しむことができそうです。

統一感と遊び心

壁面を白いタイルで包まれた水廻りの空間。レベルの異なる空間はちょっぴりアクティブな雰囲気を持つ空間。壁面に設けられた開口周りの収納スペースや、黄色の塗装で仕上げられた梯子はちょっと普通とは異なるユニークな仕掛け。梯子にはタオルをかけたり、植物をつるしたりなど、使い方も発想のむくまま、アイデア次第では活用方法が広がります。

意外性と連続性

「部屋」という概念を崩したような計画はベットまでのアプローチも一風変ったもの。土間のような廊下がアプローチするそのベットコーナーはまるでドールハウスのように一方向へ開いた空間。淡いパステルカラーの壁とRのついた木フローリングのその空間は可愛らしさのあるオープンだけど落ち着く居場所です。

家事を楽しむキッチン

一直線に引いたようなキッチンは二面を活かした使い勝手の良さそうなスペースです。全てが手の届く範囲に収まるようなそのキッチンは、収納力も抜群。玄関からダイレクトに繋がるキッチンは、一見オープンなように見えますが、そのキッチンスペースは玄関からはその存在を知ることはできないかもしれません。程よい高さのパーテションやスッキリ収まる収納はシンプルで洗練されたデザイン。日常生活をオープンに見せているようで見せていないような、面白みのある個性的な空間です。

1人暮らしの住まいを大胆にリノベーションするにはこんなアイデアはいかがですか?是非コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!