before &after プロジェクト: スペインで行われたリノベーション

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今回はhomifyスペインで書かれた記事を紹介したいと思います。紹介するのはスペイン北西部の街ア・コルーニャにある建物で行われたリノベーション。築40年を越える古い建物は実用的でない間取りのために、使い勝手の悪いものとなっていました。そこで住みやすい空間へと変えるリノベーションが行われたのです。それを行ったのはスペインの建築事務所「Intra Architects」。改築工事の行われる前の写真と工事後のものを見比べて、どれほど空間が生まれ変わったか見てみることにしましょう。

Before: 間取りの悪い利便性の悪い空間

まず最初にお見せしたのは工事中の写真。この写真は工事の内容を伝えてくれます。見てのとおり新しい空間を作るために徹底的に不必要なものが取り除かれています。そこで取り除かれているのは大部分の壁と天井の一部。天井を取り除いた箇所には新たに階段が取り付けられます。以前のままでは建物内の移動が簡単ではなかったのです。そこで使いやすい場所に階段を設置することで、生活の便利性を良くすることが考えられました。

After: 広がりを感じさせるリビングルーム

リノベーション後の様子はこちらで見ることができます。新しく取り付けられた階段の近くにあるのはリビングルーム。狭い空間であるため、広がりが感じられるように階段は工夫されています。その一つが、塞がれていない階段の段差。そのため階段越しに広がる空間を見ることができます。またそれ以外にも、手すりの下にはガラス板が使われており、階段を安全に使えるだけでなく視界を確保しています。このように新しく取り付けられた階段は圧迫感を感じさせないように考えられて設置されました。

Before: 時代を感じさせるキッチン

リノベーション以前のキッチンは時代を感じさせるものでした。収納空間はあるのですが、棚が壁のようになっており、圧迫感を感じさせます。また様々なものでキッチンが構成されてれているため、素材や色がバラバラで落ち着きのない空間になっています。このような狭く居心地の悪い空間は根本的に変える必要がありました。

After: 明るく統一感のあるキッチン

新しく生まれ変わったキッチンは現代的な印象を与えてくれます。天井、床、壁は全て白色に統一されており、清潔感を感じさせます。また窓から射し込む光はキッチンをより一層明るくしてくれるでしょう。統一感や清潔感を感じさせるキッチンは、ストレスを感じさせることなく料理を行うことを可能にしているのです。

After: 広がりを意識したガラスによる壁やドア

壁を取り除くと広がりのある空間が生まれますが、壁がないと使い勝手が悪くなってしまうでしょう。そのため本住宅では実用性のために一部の壁は残されています。ただし、それは普通ではありません。視界を遮らないようにガラスを使い、空間を仕切りつつも圧迫感を感じさせないようにしているのです。

現代的な美しい住宅

このように本リノベーションでは間取りを考えて直して使い勝手の良い空間へと変えています。重視されているのは、明るさや開放感。白色にまとめられた室内の空間は、明るさや落ち着きを感じさせてくれます。そして狭さを感じさせないようにガラスなどを使い、実用的でありながらも圧迫感を感じさせないような空間を生み出しています。このように時代を感じさせる建物はリノベーションを経て現代的な美しい住宅へと生まれ変わったのです。

このリノベーションについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!