風景を取り込む家族団欒の家

風景を取り込む家族団欒の家

風景を取り込む家族団欒の家

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

家は様々な場所に建てられるでしょう。人によっては通勤や通学が楽な都会に家を建てる人が多いかもしれません。またそれ以外では、自然が身近に感じられるような場所に家を建てる人もいるでしょう。今回紹介するのは森の木々が敷地に迫るような場所に建てられた家。エクリアーキテクツが手がけた本住宅は、そんな森の木々を日々の生活の中で感じられる特別な住まいになっています。

アベマキの木と共にある家

今回家が建てられたの愛知県の名古屋市にある住宅地の一角。家の敷地は住宅地の端にあり、その横には公園が広がっています。公園にはあるのは多くの木々が植えられた緑地。そこには依頼主の奥さんが子供の頃から親しんできたアベマキの木が枝を広げています。そんな場所に家に建てるにあたって考えられたのは「家族団欒はいつも慣れ親しんできたこの樹と共にある」ということ。そして特別な思いが込められたアベマキの木を身近に感じられような住まいが考えられたのです。

印象的な建物の外観

建てられたのは印象的な外観を持つ家。2階建ての家には特徴的な三角の屋根が取り付けられています。その下には広がるのはグレーにまとめられた外壁。その上には四角形の窓、そして木の扉が付けられた玄関だけが見えます。そのため建物はとてもシンプルなものに見えるでしょう。そんな建物からは張り出しているのは1階のみの建物。それは2階建ての建物とは対照的に、ガラス窓が広がっており印象的なものとなっています。そんな2つの建物の組み合わせはモダンな印象を与えて、強く人目を引き付けるでしょう。

ナチュラルで雰囲気のある空間

印象的な外観の建物ですが、家の中にもその印象を裏切らない空間が広がっています。建物内部に広がるのは薄紫色の壁。床には印象的なパターンで木の床材が張られており、美しい模様を描き出しています。そして上に見えるのは茶色の木の天井。それだけでなくアンティークな印象を与えるランプが吊り下げられており、独特な雰囲気を醸し出しています。このような空間からは、木材などが感じさせるナチュラルさ、そして印象的な壁の色やランプが生み出す特別な雰囲気が感じられるでしょう。

広がりの感じられるLDK

このような家で印象的なのは高い天井です。家の中心部にはキッチン、ダイニング、リビングが集まるLDKがあります。そこには吹き抜けがあり、屋根がその天井になっています。そのためLDKでは広々と空間が生み出され、その広がりを楽しむことができるでしょう。家族が集まり、食事をしたり、団欒の場となるLDKは、広がりによって心地良さを感じることができるのです。

身近に感じられるアベマキの木

LDKで楽しめるのは広がりだけではありません。そこには吹き抜けを活かした大きな窓が取り付けられています。そのため家の中から外に広がる緑地の木々を眺めることができます。外の風景が家の中に取り込まれることで、まるで屋外にいるように感じられるかもしれません。そのため食事の際など日々の生活の中で常にその風景を眺めることができ、家族団欒はアベマキと共にあるように感じられるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!