平井の家: 株式会社kotoriが手掛けたダイニングです。

大きな屋根の下に広がるナチュラルな住空間

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家を建てるとしたら、どんな家に住みたいでしょうか。現代的なモダンな家を求める人がいるかもしれません。また和を感じさせる伝統的な家を建てたい人もいるでしょう。そして自然を感じられる家を求める人もいるでしょう。今回紹介したいのはナチュラルな雰囲気を楽しめる家です。それを手がけたのは株式会社KOTORI。建てられた家では木の素材感を活かした心地良い空間を実現させています。

シンプルで強い印象を与える外観

本住宅が建てられたのは愛知県の新城市。家が建てられたのは住宅が建ち並ぶ造成地。ですが、隣家に囲まれているわけでなく、家の南側は開けています。そのため家は南側の開けた空間を活かした建物となりました。建てられたのは木造2階建ての住宅。それは大きな屋根が取り付けられているため、一見すると平屋建てのように見えるかもしれません。何よりシンプルな外観となっているため、強い印象を感じさせてくれます。

ナチュラルな空間

このような家の中に広がるのはナチュラルな住まいの空間。家の中には至る所で木の存在を感じることができるでしょう。それを感じさせるのは杉板張りの天井や床。リビング、ダイニング、キッチンの集まるLDKでは、そうした天井や床に囲まれることになります。そこで目に飛び込むのは茶色に覆われた空間。そのため木材が持つ暖かみを常に感じることができるでしょう。

薪ストーブが演出する暖かな住まい

家の至る所で使われている木材は暖かな雰囲気を生み出します。ですが暖かさを感じさせるのはそれだけではありません。LDKのスペースにあるのは薪ストーブ。それは薪を燃やす炎で家を暖めます。そのためエアコンなどの空調機器とは違い、ナチュラルな暖かさを感じさせてくれます。それは本住宅が持つナチュラルさを一層強く感じさせてくれるでしょう。

気持の良い住まいの空間

こうした本住宅で忘れていけないのは、その空間の広がり。LDKは吹き抜けとなっており、1階と2階は繋げられています。そのため天井は高くなっており、広々としているのです。そのため、LDKでは、暖かさ、そして広がりを感じることができ、気持の良い空間となるでしょう。LDKは食事や家族の団らんを楽しむ場所ですが、本住宅では暖かな雰囲気が漂う広々とした空間の中で、それを楽しむことができるのです。

心地良い暮らしの場

ウッドデッキ: 株式会社kotoriが手掛けたテラス・ベランダです。
株式会社kotori

ウッドデッキ

株式会社kotori

家の中には心地良い空間が広がっていますが、それは家の中だけではありません。大きな屋根には広々とした軒があります。その下に広がるのはウッドデッキ。そこは雨に降られることがなく、外の風にあたれる場所となります。そんな空間を活かして取り付けられているのはハンモック。そのためハンモックの上に横になってゆったりとくつろぐことができるのです。そして昼寝などを楽しむことができるでしょう。このように本住宅では、気持の良い空間が作られ、心地良い暮らしを送ることができるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!