エンガワとドテのイエ: WAA ARCHITECTS 一級建築士事務所が手掛けた窓です。

開放的なプライバシーを守る家「エンガワとドテのイエ」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家を建てる際に考えることは何でしょうか。今回紹介する家のクライアントが求めたことは、「プライバシーを保ちながら、明るく開放的な家で楽しい暮らしをしたい」でした。このような要望は、土地の値段が高く、多くの家が狭い空間に集まる日本では一般的なものかもしれません。隣家や道路が迫る土地では、プライバシーを守る必要があります。ですが、それによって開放感は失われてしまうでしょう。このような難問に応えたのは建築事務所WAA ARCHITECTS。クライアントの要望を取り入れた素晴らしい家を実現させました。

緑の壁となる土手

家が建てられたのは栃木県宇都宮市。住宅街の外れに位置する本住宅近くには駐車場や道路があります。ですが木造2階建ての家の様子は、通り側からはあまり見ることができません。なぜなら、建物の前に緑色の壁のようなものが築かれているからです。このような住宅に付けられた名前は「エンガワとドテのイエ」。その名前の通り、建物の前にあるのは土手。それには芝が植えられおり、美しい緑が目に飛び込みます。高さは70センチほどありますが、2段の傾斜で緩やかに壁を作り出しているため、圧迫感を一切感じさせることはないのです。

遊び場ともなる土手

壁代わりとなった土手は雑多な街の風景を隠します。芝や木が植えられた土手は庭のような印象を与えてくれるでしょう。このような土手が果たすのはプライバシーの守る役割。ですが壁のような圧迫感を感じさせることなく、庭が広がるような風景を生み出し、開放感さえ感じさせてくれます。また土手は別の役割も果たします。それは生活に遊び心を加えること。滑り降りて遊ぶことができるため、子供たちの格好の遊び場となります。もちろん土手で寝転がってくつろぐこともできるでしょう。土手は壁以外の様々な役割を果たしてくれるのです。

建物の外と内を繋ぐ縁側

家の内側には開放感を感じさせる空間が設けられています。それは縁側です。縁側と言えば、日本の伝統的な建築空間。外から建物の中へと気軽に顔を出せるため、屋内と屋外を境界を曖昧にするものと言えるでしょう。本住宅には土手に向かって大きなガラス窓が幾つも取り付けられています。それを収納すると、窓辺は縁側となり、気軽に出入りすることができるのです。こうして建物は内側に籠ることなく、外への繋がりを持ち、よりいっそう開放感を感じることができるようになっているのです。

家族の繋がりを生み出す切り抜かれた空間

建物の内部にあるのは、木を活かした美しい空間。床や天井、そして備え付けの棚などに多くの木が使われ、暖かい雰囲気を生み出しています。このような空間で特徴となっているのは建物の1階と2階の間にある切り抜き。縁側の上部分だけ天井が高くなっており、通常の天井部分との段差が壁ではなく隙間となっています。そのため1階から2階に話しかけることができたり、2階から階下の様子を見ることができるのです。これによって、家族が家にいれば、その姿を見ることができなくても、物音などで気配を感じることができるのです。それは家族の繋がりを強く意識させてくれるに違いありません。

開放的で、プライバシーを守りながら、家族の絆を感じられる家

「エンガワとドテのイエ」は、土手によってプライバシーを守ります。そして縁側は外と内を繋ぎ、開放感を生み出します。ですが、こうした繋がりは、空間的なものだけではありません。1階と2階との間の切り抜きは、家族の繋がりを生み出すからです。こうして本住宅はプライバシーを守りながら、開放的で家族の絆を感じられる家となるのです。そして、ここでの生活を素晴らしいものにしてくれるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!