イマドキ和室のインテリア事情

Shoko Shoko
Loading admin actions …

和室に置くインテリアって、やはり和を感じられるものだったり、日本っぽい小物が置いてあるようなイメージがありますよね。でも現代の和室は全てそうとは限りません。”和モダン”という言葉があるくらいなのですから、洋風な物を取り入れたりスタイリッシュに演出したりと、もう ”和室はこうだ” という定着した概念がなくなってきているようです。今回はそんなイマドキの和室に置くインテリアについて紹介していきます。

照明で雰囲気をつくり出す

こちらは鹿児島県を中心に活動するアトリエ環建築設計事務所によって手掛けられた和室。角はゆるやかに丸みを帯びていて優しい雰囲気の部屋に感じられますね。その丸みに合わせるかのように、天井から吊るすライトも満月の形をチョイス。和を落ち着いて感じられるよう、あまりごちゃごちゃさせたくない、でも寂しくもさせたくない。そんな場合は空間に必要不可欠な照明にこだわると良いかもしれません。

シンプルに。でもインパクトを。

House for Installation: Jun Murata   |   JAMが手掛けたリビングです。
Jun Murata   |   JAM

House for Installation

Jun Murata | JAM

白の空間にポツンと置かれる花。それは斜めにまっすぐ伸び、スタイリッシュに演出し空間に動きを与えます。インテリアはシンプルでもなんだかインパクトがありますね。こちらを手掛けたのは大阪を拠点に活動するJUN MURATA | JAM。畳、障子、壁など四角で切り取られたデザインで統一され一体感もあります。未来を感じられるまさにモダンな和室に仕上がりました。

さりげなさで上品な空間に

ユニークなデザインで仕上がったこちらの和室。兵庫県を中心に活動する岩本賀伴建築設計事務所によって手掛けられたものです。こちらの空間のインテリアは、中央にさりげなくぶら下げてある小さな照明と、同じくさりげなく棚に置かれる小さな植物。優しい光でも空間を暖かい雰囲気にさせ、その存在感は大。また植物もなくてはならない存在です。インテリアを小さいものにすることによって、上品な雰囲気を醸し出しまた空間も広く見える効果がありますね。工夫されて仕上がった和室です。

和を空間に溶け込ませる工夫

こちらは石川県を中心に活動する福田康紀建築計画によって手掛けられた和室のリビング。木材を多く取り入れたつくりでも、さわやかな畳は空間に溶け込んでいますね。インテリアも、間接照明や天井からぶら下がるモダンなライトで和を強調しないことで、すべての空間が喧嘩せずに一体しているような印象を与えます。

黒と白の空間で気分を落ち着かせて

眺望の家: ろく設計室が手掛けた寝室です。
ろく設計室

眺望の家

ろく設計室

こちらは黒の和室。インテリアや天井も空間の色と融合して一体感がありますね。こちらを手掛けたのは福岡県を中心に活動する、ろく設計室。色は白にダークカラーのみを使用していますが、天井は三角屋根で、壁も斜めのラインが可愛らしさとオシャレな雰囲気を醸し出し、圧迫感は与えません。個性のある落ち着いた和室に仕上がりました。

ひと工夫をして個性を出す

客室: UZUが手掛けた寝室です。
UZU

客室

UZU
UZU
UZU

”天井にあるものは何だ?”とこちらの和室を見た人はまずそこに興味が湧く事でしょう。普通な部屋ではつまらない。そう思ったら近くにある何かで、ひと工夫すればいいのです。こちらは知人を迎えるゲストハウスとしてつくられた客室。大阪を中心に活動するUZUによって手掛けられました。明るい時は空間を飾るインテリアとして。また夜には布から漏れる優しい光で、落ち着いて眠れることでしょう。

モダン、和、自然を感じて

壁の裏から漏れているオレンジの光で、まるで壁が浮き出ているような不思議な感覚が受け取れるこちらの和室。照明にこだわりを持つ事で個性も出て、一気にモダンでオシャレな空間ができあがります。インテリアには、ミニ盆栽を置いて可愛らしさもプラス。座った時の視線が外に向けられるように計算され仕上げられました。モダンや和、また外との一体を感じられる特別な部屋になりました。

大胆なインテリアを取り入れて

こちらは和室中央にインパクトのあるデザインの照明を取り入れた空間。こちらを手掛けた北海道を中心に活動する株式会社トキメキデザイン・アトリエは、日々の暮らしと理想を融合させたデザイン・空間性豊かな設計をテーマにしているそう。和を感じられたり、オシャレなインテリアで空間を楽しんだりできる素敵な空間に仕上がりました。

特別な空間

清潔感のある畳の上に黒い家具を置いてシックにまとめたこちらの和室。兵庫県を中心に活動するラブデザインホームズ/LOVE DESIGN HOMESによって手掛けられました。インテリアには、この家の主人が好きな観葉植物も取り入れ空間にフレッシュさを加えます。ゲストを招いてお茶をしたり、一人でゆっくりと時間を過ごせる特別な空間に仕上がりました。

植物で落ち着きを

こちらの和室のインテリアでは角にケヤキのみが置かれたすっきりとした空間。 照明や窓廻りをシンプルにして抑え、一つの植物を浮きたたせることが、 かえって落ち着きを得る手法だそう。こちらを手掛けた山形県を中心に活動する吉田設計+アトリエアジュールは、 和らぎや気品のある空間づくりを目指しながらつくりあげています。

どちらの空間が気に入りましたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!