見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

家族の繋がりを生み出す広場「HIROBA」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家が果たすのは様々な役割。生活を送る場所であったり、日々の疲れをとる場所であったり、家族で一緒に過ごす場所でもあるだろう。だが、それらの機能はいつも重視されるわけでない。家族で家に一緒に住むからこそ、そこで一緒に時間を過ごすことは見落とされることが多い。このような現代社会における家の問題に向き合ったのは建築事務所JMA。本事務所が建てた住宅「HIROBA」は、こうした問題と向き合い、家族が一緒に時間を共有できる空間を生み出している。

現代的な外観を持つ建物

「HIROBA」は香川県丸亀市の住宅街に建てられている。周辺には多くの家が建ち並び、隣家や通りが迫る住宅密集地。そんな場所で木造2階建ての本住宅は強い印象を放つ。箱型の形をした建物の特徴となるのは、黒色にまとめられた外壁に、装飾を抑えたシンプルな外観。このような建物の外観は現代的な印象を与え、一度見たら簡単に忘れることはないだろう。

暖かく広がりを感じさせる内部空間

外観同様に、建物内部に広がるのは現代的な空間。建物にはその大部分を占める大きな吹き抜けと、それを取り囲むように設けられた空間がある。吹き抜けの壁には木材が張られ、木の暖かみを感じさせる優しい雰囲気が生み出されている。また壁や天井は至る所で四角形に切り抜かれており、壁の向こうに広がる別の空間や、天井の外に広がる空が見えるようになっている。そのため高い天井と、壁や天井の向こう見せる切り抜きによって、圧倒的な空間の広がりを感じることができるだろう。

広場としてのリビングルーム

このような広がりと暖かみを感じさせる空間が果たすのはリビングルームとしての役割。それは本住宅に付けられた名前が「HIROBA」であるように、広場としての役割を果たす。通常、広場と言えば、公共の空間であり、人々が集まり、共同で使う場所だ。そして本住宅にあるリビングルームも、まさにそのために作られている。ここには家族が自然と集まり、共同で空間を利用し、一緒に多くの時間を過ごすことになるのだ。

家族の繋がりを生み出す空間

吹抜けの空間には幾つかの四角形の切り抜きがあるが、それが生み出すのは空間的な繋がりだけでない。ここでは部屋と部屋が完全に壁で隔てられることない。そのため家族が違う部屋にいて、その姿を見ることができなくても、物音や気配によって同じ家にいることを強く意識させられるだろう。このように本住宅では家族の繋がりを強く感じることができるのだ。

「森の中で見つけた広場」

家族の繋がりを意識させる家を建てた建築家は、「森の中で見つけた広場」のような空間を生み出そうとしたと語っている。その言葉通り、居心地が良く、肩肘を張ることなく気軽に家族が一緒に過ごせる空間が実現されている。このように「HIROBA」では現代の家が抱える問題を乗り越えるこえるように、家の中に広場が生み出されたのだ。もちろん、この居心地の良い広場は、家族に強い繋がりを生み出してくれるに違いない。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!