元石川町M邸: 遠藤誠建築設計事務所(MAKOTO ENDO ARCHITECTS)が手掛けた家です。

緑の目映い景色と眺望を取り込んだ住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

最近は建築家や土地探し専門業者の協力によって家づくりを土地探しから始める方が増えています。建築家側も初期の段階からクライントの希望や要望に対する理解が深められるため、その後の建築計画もスムーズにいきやすいんです。土地探しから始まったこのプロジェクト、最終的に緑豊かな高台の敷地を見つけることができました。隣接する緑地や眺望といった恵まれた立地条件の揃った場所での家づくり、担当は建築家の遠藤誠氏です。

遠藤誠建築設計事務所が手がけた他の家はこちらで紹介しています。

保存樹と共存する終の棲家

西側に緑地があり、北側に開けた景色が望める立地なので、基本的にこの2方向の恵まれた環境を取り込むような建築計画がされました。西側は1層分下がっており、駐車スペースを確保、住宅へは南側からアプローチする配置をとっています。手前に見える木は西側に面して設けられたテラスを隔てる立ち壁です。落ち着いたトーンの壁に木の素材を組み合わせた和モダンな雰囲気をもつ佇まいにゆったりとした長めの玄関アプローチが高級感を感じさせます。

自然の風景を取り込んだリビングとダイニング

こちらは1階のリビングとダイニングです。正面は隣接する緑地の方へ視界が抜けるテラスで、北側のピクチャーウィンドウと共に周囲の自然環境を内部空間に取り入れ、心地良い生活空間を彩っています。西側に向って流れる屋根は西日を遮るためそのままテラス空間で深い庇となり、リビングダイニング空間では勾配天井となってダイナミックな広がりと安心感をもたらします。

全体の空間が繋がる配置

ダイニングの奥はパントリー付きのキッチン。2階の存在によって天井は1層分に抑えられ、LD空間と境界を持ちながら緩やかに繋がります。オープンな階段下は デッドスペースを利用したワークスペースを確保し、家族がそれぞれの気配を感じつつも各自が見つけた居場所で過ごせるような共有空間、いいですよね。キッチン上は可動間仕切りで仕切ることのできる子ども室で吹抜けを介して下階と繋がる立体的な空間構成です。

景色を切り取る窓

次にダイニングエリアを見てましょう。天井の傾斜がよくわかりますね。採光と換気のみならず眺めの楽しめる開口をキッチンにも設けています。ピクチャーウィンドウからの視線の抜けが奥行きをもたらし、北向きでも明るく開放的な空間を演出しています。時間とともに味わいを増すオークのフローリングは存在感をもちつつも多様なインテリアに調和するので取り入れやすいんです。ブラックのインテリアアイテムとも相性がぴったりでモダンでナチュラルな住空間にアクセントをつけています。

動線と空気が循環する住宅

こちらはキッチン奥のアーチ形の開口がアクセントのパントリーからの眺めです。キッチンは重厚感溢れるクールな色合いのタイル敷きにラスティックな木とステンレスを組み合わせています。動線的にも優れたこのおうち、玄関口からキッチンへ直接アプローチできるので買い物の後など便利なんです。そしてダイニングからリビング、テラスへと動線が続きます。緑の目映い景色を楽しみ、自然の移ろいを感じながら暮らせるこの家は、クライアントの気に入った土地におけるコンテクストを建築家が適格に解釈し、立地条件を最大限に活用した結果生まれた住宅と言えるでしょう。

視線の抜けるような配置計画によって開放感抜群な住宅になりました。皆さんの感想も是非利かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!