homify 360º: 移動可能なコンテナ住宅

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

「ÁPH80」と名付けられたこの建物はどこにでも移動させることができます。それは約300万円から約600万円と低価格。多くのお金も必要としない移動可能な建物は、未来の家となるでしょうか?スペインの建築事務所「ABATON Architecture」は自然に優しく、長期的に利用可能、そして移動可能な家のプロトタイプを生み出しました。それは私たちの定住という習慣を終わらせるかもしれません。これは革新的なアイデアから生み出された革命的なプロジェクトであり、「2 Architizier A + awards」と呼ばれる賞で、「Architecture + Living(建築と住まい)」と「Single Family Home(1家族の家)」の2部門で大賞を獲得しています。

本住宅に見られる技術発展の取り組みは、デザイナーやエンジニアとしてのABATON Architectureの能力を証明するものです。ここでは住まいのあり方や、我々を制約する機動性を再考させてくれます。生活が冒険であることに気付かせ、自然を考えたシンプルな生活の可能性を広げます。この建物は予算に応じた大きさを持つ5つのモデルを持っていますが、今回はその一つを紹介したいと思います。

移動する家

ÁBATON Arquitecturaが手掛けたプレハブ住宅
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

8トンの重量があるる建物は一般的なトラックで運ぶことができます。場所さえ決めれば、クレーンで家を設置するだけ。地盤が安定していれば、住みたい場所へはどこにでも移動させることができます。「ÁPH80」が必要とするのは堅い地面と、土地の使用許可だけなのです。

どこにでも設置できる家

ÁBATON Arquitecturaが手掛けたプレハブ住宅
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

水や電気の配管はどうなっているのでしょうか?何も心配する必要はありません。「ÁPH80」はネットワークに接続するための必要なものを揃えています。ですが文明から遠く離れた小麦畑の真ん中で生活したいとしたら?もちろんそれも問題ありません。「ABATON Architecture」は開発されていない郊外の場所に適応させたモデルも提供しています。「ÁPH80」のモデルや場所を選び、注文すれば、8週間あまりで届きます。そしてすぐにも家と共に移動することができるのです。

様々な使用法

ÁBATON Arquitecturaが手掛けた家
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

そして「ÁPH80」を設置すれば、それは我が家となります。ひょっとしたら、オフィスやお店、週末のみの別荘などの違う目的のことを考える人もいるでしょう。もちろん、それも可能なのです。

内装

ÁBATON Arquitecturaが手掛けたリビング
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

外観とは内部の印象は完全に異なるものとなっています。外からはコンパクトで無骨な建物に見えますが、暖かく心地よい内側の雰囲気に驚かされるでしょう。このモデル、27平方メートル、80立方メートルの大きさを持ちます。内部は快適で、仕切ることが可能な多目的な空間を提供しています。この写真では、キッチン、ダイニングルーム、リビングルームを含む共用空間を見ることができます。

ベッドルーム

ÁBATON Arquitecturaが手掛けた寝室
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

建物の端にあるベッドルームへは窓から自然に光が差します。反対側の端にある別の窓は自然光をバスルームにもたらしています。それはキッチンの裏側にあり、そこには家の設備が集中しています。内側に貼られた木材はスペインモミから作られ、北欧スタイルの影響を受けており、控えめで上品な雰囲気を感じさせます。

自然に優しい素材

ÁBATON Arquitecturaが手掛けたプレハブ住宅
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

壁には12センチの断熱材が使われており、建物全体を覆っています。低放射率コーティングのガラス窓は3層空気層を持っています。これが意味するのは保温性の高さ。さらに使用されているものの多くはリサイクル可能なもので、ABATONのプロジェクトがテーマとする持続可能性(sustainability)を意味しています。

持続可能性(sustainability)

ÁBATON Arquitecturaが手掛けた家
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

このシリーズの全てのモジュールは従来の家に匹敵する耐用期間を持っています。効果的なデザイン、高品質の素材、そして厳密な構造は、その耐久力の理由と言えるでしょう。このアイデアはコンテナから影響を受けて、発展されています。「ÁPH80」は地味かもしれませんが、未来の家になる大きな可能性を秘めているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!