before &after プロジェクト: 若いカップルの住まいのリノベーション

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今回はhomifyスペインの記事を紹介したいと思います。スペインの北部にある街Vigoに位置する家は悲惨な状態にありました。それを若いカップルが手に入れて、生活スタイル合わせた建物へとリノベーションを行いました。リノベーションを行ったのは建築事務所「T Design Studio」。そこではフローリングの変更、そして部屋の再配置などが行われました。ただし古い建物が持つ魅力や雰囲気を残すために、本来の空間の特徴の幾つかを残すように工事は行われています。

Before: ラウンジスペース

リノベーション以前は空間が区切られておらず、全く機能的なものではありませんでした。リノベーションのカギとなるのは、開放的な感覚を生み出すために内部空間を広げること。以前の暗く陰気な様子は、若いカップルにふさわしいものではありません。写真の左側に見える壁は撤去され、そして小さくも開放的のあるダイニングルーム、キッチンが作られました。ここで見ることができるように、以前からあるラジエーターの暖房は十分に良い状態であるため再利用されることになりました。

After: 開放的な空間

構造を保つために部屋の中心には柱が残されています。空間は今では機能的となり、軽やかです。そして部屋が明確に区切られているにも関わらず、開放感を感じさせます。グレーと白の構成が取り入れられ、フローリングは取り替えられました。そして楽しさや落ち着きを感じさせる部屋となっています。

After: ラウンジスペース

この角度からはラウンジスペース全体を見ることができます。明るく居心地が良いダイニングルームとキッチンが背景に見えます。興味深いのは現代的なものと古いものと間にある混じり合い。ソファーやコーヒーテーブル、そしてダイニングテーブルは、装飾されたドアや窓とは対照的です。白色となっているところは古く、グレーは新しいものです。そのため色によって何が新しく、何が古いかを気づくことになるでしょう。

After: ダイニングルーム

新しいダイニングルームのテーブルは機能的であり、心地よいものになっています。収納スペースや空間を区切る役割を果たすように、椅子は多様な機能を持つ家具となっています。木のテーブルやグレーの壁とは対照的に、現代的な家具は落ち着いた空間に新しさをもたらしています。

Before: キッチン

T Estudio de Diseñoが手掛けた
T Estudio de Diseño

Antiguo acceso a la cocina

T Estudio de Diseño

リノベーション以前のこの写真が見せるのは家の悲惨な状況。古いタイルに覆われた小さく暗いキッチンへの扉が見えます。T Design Studioはボロボロとなった部屋の修復や再利用を考えていました。これから見せる写真のように、この空間が大きな変化を遂げることは誰も想像することはできないでしょう。

After: キッチン

薄汚れたキッチンのタイルは取り替えられました。古い仕切りは取り除くかれ、光に満たされた現代的な空間となりました。以前とは異なり、動線が考えられた新しいデザインでは住人やゲストが家を通り抜けることができるようになっています。木を多く使い、白色で仕上げられたインテリアデザインは空間との間の視覚的に美しいバランスを生み出しています。

Before: ベッドルーム

不幸なことに、建物内には非常に傷んた空間がありました。そしてベットルームも同様でした。この空間は廃墟のようになっており、完全に補修する必要性がありました。この憂鬱で荒廃したベットルームにもまた新しい命が吹き込まれています。

After: ベッドルーム

情熱的で雰囲気のあるベットルームを作るためには、壁はチョコレート色に塗られました。白いベッドや窓枠とは対照を生み出し、部屋は現代的なものとなりました。窓辺に見える植物は空間に小さな自然をもたらしています。こうして荒廃した建物は、現代的な快適な生活が送れる空間へと生まれ変わったのです。

このリノベーションについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!