見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

様々なスタイルの庭5選

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家の庭は小さなオアシスと言えるかもしれない。多くのには木や植物が植えられ、小さな公園や森の役割を果たす。特に都会のような緑が少ない場所では、庭にある緑は生活に落ち着きや安らぎを与えてくれるだろう。また庭は生活の中に自然をもたらすだけでなく、開放感を感じさせたり、レクレーション的な機能を持つものもある。今回はこのような様々なスタイルの庭を紹介することにしたい。

プライバシーを守り、開放感を与える庭、「酒井西の家」

居間・食堂: classが手掛けた庭です。
class

居間・食堂

class

都会や住宅街では開放的な家を建てるのは簡単ではない。通り側にガラス窓を多く取り付けると、家の中が見えてしまいプライバシーが保てないからだ。だがプライバシーを守ることと開放感を与えることを両立させる方法がある。それは中庭に面する場所に多くのガラス窓を取り付けること。建築事務所CLASSは、中庭を使った「酒井西の家」でこのような家を実現させている。中庭は外から見ることができない。そのため、ここでは人目を気にすることなく庭の緑を楽しみ、そしてくつろぐことができるのだ。

土手によってプライバシーを守る庭、「エンガワとドテのイエ」

プライバシーを保ち、開放感を感じさせるのは中庭だけでない。そんなことを気付かせてくれるのは建築事務所WAA ARCHITECTSが建てた「エンガワとドテのイエ」だ。こちらの家では緑の土手が壁の代わりとなって、建物の中を見えないようにしている。土手は芝生で覆われているため壁のような圧迫感を感じさせることはない。またそれは子供たちにとって素晴らしい遊び場となる。ここではプライバシーを守るために設けられた壁から圧迫感を取り除いている。そして同時に子供たちが楽しめる空間や、他には無い特別な外観を実現させているのだ。

コンクリートの重さや冷たさを消し去る庭、「Under the Large Roof」

最近多く見られるようになった打ちっぱなしのコンクリートを使う家。それらはモダンで力強さを感じさせるが、時には冷たさや重々しさも感じさせてしまうだろう。そんなコンクリートの家の問題点を解決したのが建築事務所アトリエハレトケが建てた住宅「Under the Large Roof」。そこではガラスやコンクリートを多く使った建物に緑の美しい庭が組み合わされている。それによって建物が持つモダンでシンプルな雰囲気を損なうことなく、暖かさや軽やかさを与えることに成功している。

都会のオアシスとしての庭「VASE」

庭というと多くの人は植物や木が植えられたものを思い浮かべるかもしれない。だが中にはプールを取り付けた豪華な庭もある。プールのある家を建てたのは建築事務所エスプレックス。「VASE」と名付けれらた家の中庭にはプールがある。そこでは外からの視線を気にすることなく、プールで体を休め、水遊びをすることができるのだ。庭が家にあるオアシスとたとえられることがあるが、ここではまさに本物のオアシスとして日常生活の疲れを取る場所となるだろう。

風、光、そして自然を生み出す庭「生野東ヴェンテッドハウス」

都会に庭を持つのは簡単ではない。狭い土地では庭のためにスペースを用意するのが難しい。もし土地があったとしても、ビルが林立する場所では年中影になってしまうだろう。そこで活用されるのは、ライトウェルと呼ばれる採光のための吹き抜けのの空間。ARCHIXXX眞野サトル建築デザイン室が建てた「生野東ヴェンテッドハウス」では、ライトウェルの下に小さな庭が設けられており、家の中に小さな自然空間が生み出されている。もちろん、それは自然を感じさせるだけでなく、空気の循環や、建物1階に自然光をもたらすなど重要な役割を果たすことになる。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!