​百名の別荘: Ikuyo Nakama Architect Design Officeが手掛けた家です。

特別なリビングルーム5選

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

会社の仕事、家事、そして学校の宿題や課題に追われる現代社会では、くつろぐことが特に重要となってきている。世の中にはストレスがあふれているが、その疲れを取るのはバスルームや自分の部屋といった個人の空間だけでない。家族が集まり、話をしたり、くつろぎの空間となるリビングルームも、このような現代社会のストレスを忘れる重要な場所となるだろう。そこで今回は、家族と一緒に過ごすことができる他に無いような独自性を持った5つのリビングルームを紹介することにしたい。

中庭によって開放感が得られるリビングルーム「東村山の家」

リビングルームでゆったりと過ごすためには、閉塞感を感じるような狭い空間では簡単でないだろう。たとえ広くなくとも、開放感が得られることは重要だ。このような広がりを感じられるリビングルームで紹介したいのは、石井秀樹建築設計事務所の「東村山の家」。こちらの建物は8の字型の形をしており、建物には3つの中庭がある。リビングルームにあたるのは2つの中庭に囲まれた空間。ガラス越しに見える中庭の緑やそこから注ぐ自然光は気持ちを安らげる。開かれた空間だが、外からの視線を気にする必要がない。何より中庭やガラスによって、開放感を感じられるのが本リビングルームの大きな特徴となっている。

光によって安らぎを感じられるリビングルーム「我孫子の家」

もしリビングルームが薄暗いなら、家族団らんでくつろぐことができるだろうか。せっかく家族が一緒に時間を過ごすなら、暖かい光に溢れる空間が良いだろう。そこで紹介したいのは、白砂孝洋建築設計事務所の「我孫子の家」だ。この住宅のリビングルームは自然の光に満たされている。その理由となるのは3階の高さまで伸びる吹き抜けの空間。リビングルームは吹き抜けの下にあり、高窓から注ぐ自然の光が届くようになっている。また庭に面した場所にリビングルームがあるため、光は上からと横から注ぎ込むことになる。このような明るい空間では、家族でゆったりと過ごすことができるに違いない。

暖かさあふれるリビングルーム「母の家」

リビングルームが白一色だったとしたら、あまりの白さにくつろぐことができないかもしれない。くつろぎには白が生み出す清潔さだけでなく暖かさが必要となるだろう。そんな暖かさ生み出すのもので挙げたいのは木のリビングルームだ。長井建築設計室の「母の家」には美しい木の空間が広がっている。外装及び内装にふんだんの木を使う家には、床や壁に木材を使ったリビングルームがある。「母の家」という名前の通り、本住宅には母が一緒に住む。こうした暖かい雰囲気を持つリビングルームであれば、母親と一緒に家族団らんの時間を過ごすことができるだろう。

美しい眺望を楽しめるリビングルーム「百名の別荘」

窓を開けたら、一面に広がるのは雄大な景色。そんなリビングルームがあれば、日常の疲れなど吹き飛んでしまうだろう。そこで紹介したいのは、沖縄に拠点を構える仲間郁代建築設計事務所の「百名の別荘」だ。沖縄の南端にある百名のビーチに近い場所に建てられた別荘は、素晴らしい景色を楽しめるようになっている。高台に建つ別荘はいたってシンプルで、周辺の景色を活かすことに重点が置かれている。海側の壁となるのはガラス戸。それを視界を遮らないように収納することができるため、リビングルームはまるでテラスような空間に様変わりする。このように、本別荘では素晴らしい眺望を楽しむことができるのだ。

子供たちのリビングルーム「ガリバ・ハウス」

ガリバ・ハウス: BE-FUN DESIGNが手掛けた家です。
BE-FUN DESIGN

ガリバ・ハウス

BE-FUN DESIGN

リビングルームは家族のための場所。それは大人のためだけでなく子供のための空間でなくてはいけないだろう。このような子供のためにもなるリビングルームで紹介したいのは、建築事務所「be-fun design」によって建てられた「ガリバ・ハウス」。建物内には、高さ1.3メートルしかないスペースがある。ここに入るには、大人であれば、屈まなくてはいけない。そもそも「ガリバ・ハウス」の名前は「ガリバー旅行記」から取られている。そんな空間では、小人の国を旅行したガリバーのように、自分が大きくなったように感じられるだろう。もちろん天井に届くか届かない大きさの子供たちにとっては自分たちの空間となる。正確にはリビングルームではないが、子供たちが気ままに、そしてくつろいで過ごす最適な場所と言えるだろう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!