カーテンの種類まとめ集

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Tende plissè a vetro, Lasciati Tendare Lasciati Tendare 北欧デザインの リビング
Loading admin actions …

カーテンを選ぶ際にどのようなタイプがあるのかを調べてみると、色はもちろんのこと、デザインや形にも多くのタイプがあり、どれが住まいにあっているのか迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、カーテンの種類とそれぞれの魅力をまとめて紹介していきたいと思います。色だけでなく、そのタイプによってもインテリアの印象がガラッと変わるので、周囲に合わせながらぴったりのものを選んでいきましょう!

ドレープカーテン

CASUAL MODERN ― カジュアル モダン 五洋インテックス株式会社 リビングルームアクセサリー&デコレーション 黄色
五洋インテックス株式会社

CASUAL MODERN ― カジュアル モダン

五洋インテックス株式会社

カーテンの中でも最も一般的なタイプが「ドレープカーテン」でしょう。厚地カーテンとも言われ、直射日光もしっかりと遮断してくれます。その柔らかなカーブのあるカーテンデザインは、閉めている時も開けている時もインテリアを彩ってくれます。色や柄も豊富にあるので、季節やトレンドに合わせて模様替えしやすいタイプでもあります。

レースカーテン

「レースカーテン」は、厚手のドレープカーテンに対して、薄手のカーテンになります。軽やかな素材感を活かしたデザイン性の高いおしゃれなものから、UVカットなどの機能性が付加されたものまでありますので、それぞれの場所に合ったタイプを専門家と相談しながら選んでいきましょう。軽やかな生地が風によってなびくその様は、気分も爽やかにしてくれることでしょう。

シェードカーテン

ブラインドのように上下方向に動かすことで、生地を水平方向に畳みながら開け閉めするタイプを「シェードカーテン」と言います。このタイプの魅力は、窓辺がすっきりとすること、さらに高さを変えられるので、入り込みすぎる日光を遮りながら、下部分を少し開けることで光や風を丁度いい加減で室内に取り込むこともできます。また、生地がきれいに見えることから、その色や柄を思いっきり楽しめる点も魅力の1つとなります。

プリーツスクリーン

「プリーツスクリーン」とは、先程のタイプのように、上下に折り畳みながら開け閉めするもので、窓辺がすっきりとする種類の1つでもあります。洋風のインテリアだけでなく、和紙が使われているプリーツスクリーンを選ぶことで、和風のインテリアにも合わせることができます。また、折り畳む水平ラインが付いているので、こちらのように、窓のラインと合わせることで、モダンなインテリアにもぴったり合うデザインにもなります。

ブラインド

D`s HOUSE, dwarf dwarf 北欧デザインの リビング
dwarf

D`s HOUSE

dwarf

「ブラインド」も1つの窓辺を飾るアイテムです。オフィスなどにはアルミ製のものが使われていますが、住宅ではどうしてもそれは安っぽく見えてしまうので、木製のブラインドを用いると、暖かみのある雰囲気でインテリアを飾ることができます。また、こちらのように、ブラインドを閉め切っている時でも、ブラインドの横のラインが格子デザインのようにインテリアを飾り、おしゃれな1つのインテリアアイテムともなってくれるでしょう。

ロールスクリーン

上部へと巻き上げながら納めていくのが「ロールスクリーン」です。窓辺をすっきりと納めてくれるだけでなく、それによって室内をシンプルでモダンな印象をももたらしてくれます。こちらのような幅の広い窓にも1つの長いロールスクリーンを用いることで、非常にシンプルでスタイリッシュなインテリアとすることができます。また、窓だけでなく、部屋の間仕切りとしても使うことができる便利なアイテムです。出し入れも楽で、必要のない時もすっきりと天井などに収まることから、このように様々な用途に使うことができます。

種類と特徴については、こちらの記事でも紹介しています。

ガラスの種類と特徴まとめ集

窓の種類とそれぞれの特徴

ドアの種類とそれぞれのメリット

階段の種類とそれぞれのメリット

インテリアの雰囲気と目的に合ったぴったりのカーテンを選んでいきましょう!コメントをお待ちしています!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!