庭の池についてのアイデア

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

水辺には何か特別なものがあるかもしれません。海、川、小川、池など、どこであっても、水辺で時間を過ごすのは気分転換となり、くつろぎを感じさせます。海岸や川岸は人気があり、休日が近付いてくると、車に荷物をまとめて海や川へと向かうことになります。もちろん、これは常に可能ではなく、また水辺に家を購入することも簡単ではありません。もし、より簡単に水辺でくつろぐことを考えるなら、小さな池を庭に加えてみるのはどうでしょうか。今回はそんな小さな池を備えたを紹介したいと思います。

日本式庭園

アジアで寺院仏閣を訪ねることは、池を中心にして広がる庭で時間を過ごすことを含んでいます。今回紹介する池は、橋を備え、様々な日本の植物が植えられた日本式庭園であり、くつろぎを感じさせる場となっています。様々な日本の植物は、気候が似ているためイギリスやヨーロッパに適応可能です。桜は強いため庭にとって理想的なものであり、春には鮮やかなピンクの色で生気を与えてくれます。

橋で繋ぐ庭

Grünplanungsbüro Jörg baumannが手掛けた庭
Grünplanungsbüro Jörg baumann

Holzsteg aus Bangkirai in Verbindung mit Wasserfläche und Basalt Natursteinplatten

Grünplanungsbüro Jörg baumann

もし小さな庭のテラスがあるなら、テラスから庭へと伸びる橋を取り付けてみませんか?ドイツにあるこの庭の池には橋が架けられています。それは主に南アジアで見られるbangkiraiから作られており、耐久性があります。

簡単で実用的な池を作る方法は、ここに見られるように庭にある植物と水で、もしくは池にある水生植物で構成することです。スイレン、オウムバナ科の植物、ショウブのような植物は池では素晴らしい雰囲気を生み出し、藻の発生を抑えることに役立つでしょう。

池のメンテナンスについて

プールのように庭の池も定期的なメンテナンスや世話が必要となります。池は特に暖かい季節の藻の発生でよく知られていますが、単純なことで美しい池を保つことできます。定期的に堆積物や落ち葉を取り除き、酸素を池の底へと送り込む循環システムを設置します。これは池の表面の水が、雨や気温の低下によって冷やされる際の変化から池を守ることになるでしょう。また池の底では酸素が欠乏が生じ、不快な匂いを放つ有毒ガスが発生します。池の突然の変化は水の中の魚が死んでしまうため、池を良い状態に保つことは重要です。

抽象的な池

もしあまり伝統的でなく、あまりメンテナンスが必要でないものを探しているなら、この現代的な水辺は最適かもしれません。オランダに住むこの家のオーナーは、目を引く、でもあまり手のかからない庭を探していました。そして、このようなテラスの壁を彩る美しい水辺を生み出しました。

隠されたプール

一目見ると、この池は桟橋のような構造を備え、イネ科の植物が植えられた庭の池にしか見えないでしょう。ですが近付いてみると、実際には造園されたプールであることに気付きます。岩や植物で覆われた水際の部分は、泳ぐことができるプールの部分を完全にカモフラージュしています。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!