リビング: 内田建築デザイン事務所が手掛けたリビングです。

白という色を活かしたフローリングとインテリア

mami.k mami.k

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

白はシックであったり、ナチュラルであったり、時に無機質で硬質なイメージであったりと、多彩な可能性を持つ色です。そんな白を使ったおうちを10ご紹介いたします。

コンクリートの圧迫感を中和する白いフローリング

立体一室住居: STUDIO POHが手掛けたリビングです。
STUDIO POH

立体一室住居

STUDIO POH

STUDIO POHの設計によるこちらの住宅は狭い敷地に造られた箱型のおうちです。仕切りや階段をなくすなど、狭さを感じさせない工夫がいっぱいです。コンクリート打ちっぱなしの壁が作る圧迫感を、明るい無垢の木材のフローリングが打ち消しています。ソファは目に付きやすい面の大きいインテリアですが、このようにフローリングと色調を合わせると存在感を抑えられ、空間を広く感じさせますね。ダイニングセットの細い脚で色に濃淡をつけ、部屋にめりはりも生み出しています。

柄物を受け入れる白

こちらの住宅は外壁がレッドシダーの板張りで外観から明るくさわやかな印象です。プライバシーを守りながら開放的な空間にするため、中庭をくるむような作りになっており、屋内には明るい光が満ちています。写真は白いフローリングがとても清潔感のあるモダンなリビングです。ソファも白で統一され、明るい印象を強くしていますね。折柄のある濃い色調のラグがベースの白に良く映えて、部屋にメリハリを生んでいますね。

ほかの色と組み合わせる

A's HOUSE: dwarfが手掛けた子供部屋です。
dwarf

A's HOUSE

dwarf

こちらの子供部屋は白いフローリングにベッド、棚などが明るい印象です。全体的に白っぽいですが、床の木材が優しさと温かみを添えています。淡いブルーの壁ととても相性がいいですね。白はどんな色とも高相性なので、他の色との組み合わせも楽しめますね。

あえて無機質な印象に

こちらはコンクリート打ちっぱなしのシンプルな外観がモダンな印象のRC造住宅です。建築家曰く、RC住宅は今日も頑張るぞとと前向きな気持ちにさせる空間が提供できるのだそうです。白く硬質なフローリングに黒のインテリアを配置したシックで辛口なモノトーンのリビングは、確かにシャキッと気分が締まるような気がします。

差し色の使いやすさ

こちらは明るい色調のフローリングと白い壁、棚で囲まれたシンプルなリビングです。明るい色合いだと部屋の小ささを感じさせず広々とした空間を演出できますね。白い部屋はソファや照明の差し色を柔軟に受け入れて調和のとれた空間にしています。

ラグジュアリー感を出すつやのある白

こちらのリビングは白い大理石のフローリングが重厚な印象を演出しています。艶のある床の素材と黒い革張りのソファがラグジュアリーな空間を作り出していますね。正面の、暖炉、テレビが収まった黒い壁も面積が広いですが、大きな窓から入る光が大理石のフロアに反射し、暗い印象や圧迫感はまったくありません。

木材との相性

大阪府に建つこちらの住宅は気配を感じる家をコンセプトに各部屋がリビングに開ける形で造られ、どこにいても家族とのつながりを感じることが出来るお家だそうです。ダイニングは白い壁に白いフローリング、キッチンカウンターも白で揃え、清潔感いっぱいの空間です。そんな中で窓枠やドアに使われた木材のブラウンが白にありがちな無機質さを調整し、どこか温かく人の住む家、の気配を感じさせますね。

カラフルなインテリアを受け入れる白

こちらは美容院と連結した住宅部分のダイニングです。温熱環境の観点からあまり大きな建物は好まないという施主様のご希望通り、広さを抑えた空間ですが、芝生の美しい中庭が望め、また壁もフローリングも白で統一した部屋は狭さや圧迫感を感じさせません。カラフルなダイニングチェアが差し色になり、楽しい印象を添えていますね。

モダンな印象をプラスする白

こちらは熊本県の阿蘇に建つ住宅です。緑に囲まれた立地らしく、木目の美しい天井や木材のインテリアがナチュラルで温かみのある空間を演出しています。フローリングを白にしたことで、洗練されたモダンな印象もプラスしていますね。

様々な色、柄、アイテムとも高相性

自然を感じる家で暮らす: スタジオ・ベルナが手掛けたリビングです。
スタジオ・ベルナ

自然を感じる家で暮らす

スタジオ・ベルナ

こちらのリビングは真っ赤なソファがパッと目を引きます。ベースの天井やフローリング、壁を白で統一したことで、このように強い色で遊ぶことも可能ですね。絵を描くことがご趣味という施主様のセンスで選ばれた、絵画やインテリア、小物など、多彩なものを上手く受け入れるキャンバスのような家ですね。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

白の持つ無限の可能性で部屋づくりのアイディアが広がりますね。コメントお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!