スバコ: 藤森大作建築設計事務所が手掛けたリビングです。

心地良いリビングが生み出す家族の空間

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家は住むための場所です。でもただ食事をしたり、眠ったり、お風呂に入ったりする場所だけではありません。そこで家族と一緒に過ごしたり、ゆったりと過ごすことになるでしょう。そのため気軽に家族で過ごせるスペースが重要となります。そこで紹介したいのは藤森大作建築設計事務所が手がけた住まいです。そこには気持の良い空間が作られており、家族が集まりやすくなっています。それでは、どのような空間が生み出されたのか見てみることにしましょう。

印象的な外観

今回家が建てられたのは大阪府の枚方市。家々が建ち並ぶ住宅地の中に、尖った屋根が特徴となる建物が建てられました。建物は屋根の片側が高くなった片流れ屋根。建物の外壁はチョコレート色に統一されており、2階部分にはその全体を覆う明るい茶色の木製格子が見えます。チョコレート色と明るい茶色は美しいコントラストとなって目を引きます。そこに印象的な片流れ屋根のフォルムも加わり、一度見たら忘れないような強い印象を与えてくれるでしょう。

ナチュラルな屋内空間

家の中にあるのはナチュラルな空間。建物中心にはリビング、ダイニング、そしてキッチンが一体となったLDKがあり、そこには明るい茶色の空間が生み出されています。それを感じさせるのは木の天井や床、そして柱など。特に床と天井は住まいの空間を多くを占めており、上と下から明るい茶色が目に飛び込んできます。また木が持つ素材感から暖かな印象を感じさせてくれるでしょう。

広がりを感じられるLDK

こうしたLDKで大きな特徴となるのは大きな窓です。そこには障子が取り付けられていますが、それを開けると外の風景が飛び込んできます。外には緑が美しい木々が茂り、家の中でも自然を感じることができます。そのため家の中にいてもまるで屋外にいるように感じられるかもしれません。そして同時にLDKが屋外へと広がっているようにも感じられるでしょう。そのため、ここでは心地良い空間の広がりを感じることができるのです。

縦と横の広がり

LDKで感じられるのは広がり。ですが、それは屋外へと繋がる広がりだけではありません。家の中でも広がりはしっかりと考えられています。実はLDKの一部は吹き抜けとなっており、天井がとても高くなっているのです。そのため、ここで感じられるのは高さ。こうして吹き抜けと外の風景を取り込む窓によって、ここでは家の中で縦と横への広がりが感じられ、圧倒的な開放感を得ることができるのです。

気持の良い家族のための空間

LDKは食事をしたり、家族が一緒にテレビを見たりする場所となります。本住宅では、そんな空間で開放感や外の風景を楽しむことができます。そのため何の理由が無くても、気軽に時間を過ごす最適な場所となるでしょう。そして家族の繋がりを一層強く感じることができます。このような家であれば、きっと他の家では得られないような特別な時間を過ごせるに違いありません。

心地良い家については、こちらの記事でも紹介しています。

2つの庭が生み出す心地良い住まい「富士宮の家」

心地良い時間を演出する和の住まい

心地良い都会の生活を可能にする家「西三国の家」

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!