オオヤネコート: 有限会社TAO建築設計が手掛けたキッチンです。

明るく開放的な家「オオヤネコート」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは明るく開放的な住宅です。敷地いっぱいに広がるように建てられた2階建の本住宅の特徴はシンプルな外観。控えめに抑えられたフォルムとなっており、簡素な建物の姿が際立ちます。このような家を建てたのは「TAO建築設計」。多くの建物の設計を手掛ける建築事務所はモダンで心地良い家を実現させています。

控えめな外観

閑静な住宅街にある黒色の建物。それは正面から見ると、車庫となる空間や幾つかの窓が見えます。それ以外に目に付くものはほとんどありません。また建物の正面に取り付けられた窓は2階部分にあるため、中の様子を窺うことはできないでしょう。このような建物の外観が感じさせるのは控えめな印象。そのため箱状の形に三角の屋根がついた建物そのものの形が強く印象に残ります。

中庭を持つ家

今回建てられた家に付けられたのは「オオヤネコート」という名前。それは大屋根を持つコートハウスを意味しています。コートハウスとは建物や塀に囲まれた中庭を持つ家のことですが、その名の通り本住宅には塀に囲まれた中庭部分があります。そんな中庭あるのは植えられた木々。そして中庭と家とを繋ぐウッドデッキ。それは塗装されておらず木の暖かい茶色を見せているため、黒色にまとめられた家と美しいコントラストを生み出しています。

明るさをもたらすガラス窓

外観だけ見ると、窓が少ないように見えるため、建物内部は閉塞的で薄暗い空間があると思うかもしれません。ですが実際には明るく開放的な空間が広がっています。なぜなら中庭に面する場所に多くのガラス窓やガラス戸が取り付けられているからです。たとえ建物外部に多くの窓が無くても、これらのガラスは建物内に多くの光をもたらしてくれます。もちろん建物内部からは中庭の美しい景色を楽しむこともできるでしょう。

屋内と屋外の境界が曖昧な空間

またガラスは明るさ以外の効果をもたらします。それは開放感。中庭にはウッドデッキが取り付けられていますが、それは屋内の床と同じ高さにあるため、ガラス越しに床がそのまま中庭に張りだしているように見えます。このように中庭と屋内の空間はガラスとウッドデッキで境界が曖昧になっており、建物が外へと広がっているように見えるでしょう。そのため閉塞感ではなく開放感を感じることができるのです。

広がりのある内部空間

このような明るく開放感のある家で忘れていけないのは、名前にも付けられた大屋根の存在。建物内部は1つの屋根の下に広がる空間がイメージされています。ダイニングルームやリビングルーム、そしてキッチンは壁で隔てられておらず、1つの空間となっています。それだけでなく吹き抜けにもなっているため、縦にも横にも余裕のある広々とした空間となっています。それは、中庭が感じさせる開放感をさらに強めることになるでしょう。

明るさと開放感を感じられる家

「オオヤネコート」には大きな屋根と壁に囲まれた中庭があります。それは建物内部に内部に明るく開放感のある空間を生み出します。こうしてモダンで美しい姿をした建物は、開放感と明るさをもたらし、ここでの生活を快適なものにしてくれるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!