鷹番の長屋 / Townhouse in Takaban: Niji Architects/原田将史+谷口真依子が手掛けたリビングです。

狭小地に生まれた光と空の賃貸長屋

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

都市で一軒家を持つとその敷地の広さが十分でない事は珍しくはありませんよね。住宅密集地や狭小地と呼ばれるように、例えば満足のいかない敷地に理想の住宅を建てることは至難の業ともいえるかもしれません。しかし、建物の専門家の知恵や経験によって、そんな業を拝借して理想の住まいを築きたいものです。そこで今回ご紹介したいのは、都内の狭小地に建つ二世帯が住める住まいです。NIJI ARCHITECTS/原田将史+谷口真依子が手掛けた本住宅は、規制から生まれたシンプルな外形を元に、待っていれば光や風が流れ込むような自然の力を取り込む住空間です。小さな空間に生まれた開放的でシンプルな三階建の二住戸です。

真っ白なシンプルな外観

都内の住宅街に建つシンプルな三角屋根の家。少し艶のある白のテクスチャは親近感と安心感のある外観です。北側車線規制と道路車線規制によって生まれたという家型の外形は周辺環境に無理なく馴染むフォルム。単一の仕上げで仕上げられた外壁は少し未来的な雰囲気も放っています。

広がりのある空間

二階に位置するキッチン・ダイニングスペース。そこは白い螺旋階段を上がると広がる開放的な空間です。生活の主な場所を二階以上の位置へ配置する事によって、外部からの視線を排除し、大胆な開口を設ける事が出来ます。三階ロフトの天井トップライトからの光と空の景色によって、二階までの空間は一体化したように、広がりを感じる事が出来ます。

滑らかな光の流れ

まるで流れ込むように差す光の流れは視覚的にも空間を華やかに演出してくれます。長方形の建物内部を仕切る界壁はS字型のような滑らかな壁。そんな壁の効果あってか、差し込む日差しはこうした流れるようなカタチとなります。単純な外観の中に内部に広がるのは滑らかでゆったりとした時間を感じるような、心地よい空間です。三階のロフト空間は二階空間と繋がりのある空間ですが、外部からは完全にプライバシーの確保された空間です。

緑を感じるキッチン

二階のキッチンスペースには太陽光がダイレクトに降りそそぎます。近隣とは植栽を隔てる事によって程よい距離感と、植栽のある風景を住空間に借景。深く伸びる日差しが気持ちよく、日の移ろいや木々の揺れを感じ、限られたスペースながらも感覚はゆったりとした雰囲気です。

模型:間取り

模型にて間取りを見てみると一般的な建物を上下に分けて各住戸を作るスタイルとは違って、建物を建てに割るような形で各住戸が設けられています。反転コピーしたような間取りは、各住戸の住環境が均等なものとなるよう、工夫されています。確かに、上下に分けた場合は防犯の面、通風や採光、プライバシー等の多くの差を生んでしまいます。様々なアイデアによって、狭小地の中に各住戸へ光と空を堪能できる開放的な空間が生まれました。

コンパクトな空間から生まれた広がりと開放感のある住まいはいかがでしたか?是非コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!