ピクチャーウィンドウの魅力とその取り入れ方まとめ | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:2982:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ピクチャーウィンドウの魅力とその取り入れ方まとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
隅切りの家 モダンデザインの リビング の 株式会社リオタデザイン モダン
Loading admin actions …

ピクチャーウィンドウを使って周囲のきれいな風景でインテリアを飾りたいと考えている方もいると思いますが、より印象的で効果的に窓からの景色を室内に取り込むには、色々な方法やアイデアがあります。そこで今回は、ピクチャーウィンドウの魅力とその取り入れ方について紹介していきたいと思います。素晴らしい眺望を臨むことが難しい敷地でも、アイデア次第で様々な方法が考えられるので、そうした場合についても見ていきましょう。

ピクチャーウィンドウとは

ピクチャーウィンドウとは、絵画のように屋外の風景を窓のフレームで切り取って室内にその景色を取り込む役割を果たすものです。窓には、採光や換気などの機能的な役割がありますが、ピクチャーウィンドウはその中でも眺望を室内に取り込む役割に特化したものと言えるでしょう。もし、こちらの住まいのように桜の木々が家の目の前に広がっていれば、春にはその満開の桜の絶景を自宅という居心地のいい場所でゆっくりと独り占めすることができます。

写真:新澤一平

リビングを絶景の楽しめるくつろぎの空間に

ピクチャーウィンドウが取り入られる場所としては、住まいの中で最も大きな空間となるリビングで多く見られます。こちらの住まいのように、目の前に絶景が臨めるのであれば、大きな空間で大きな窓が開けられるリビングでは圧倒的な迫力をもって風景を取り込むことができ、また、それをゆっくりと楽しめるくつろぎの空間とすることができます。

ダイニングを家族団欒の場所に

ダイニング・キッチン モダンな キッチン の gimbalworks モダン
gimbalworks

ダイニング・キッチン

gimbalworks

ダイニングにピクチャーウィンドウを設置することで、食卓を家族団欒の場所とすることもできます。大きな窓が住まいの中心的なシンボルとなり、家族のみんなで外の風景を楽しみながら食事をすることができる場所となります。また、こちらの住まいのように、ダイニングとキッチンが壁で仕切られることのないオープンキッチンとすることで、キッチンからでもダイニングから見える風景を共有することのできる、料理好きには嬉しいキッチンとすることもできます。

小さなピクチャーウィンドウ

ピクチャーウィンドウは大きくなければならないと思われている方もいらっしゃるでしょう。しかし、小さな窓でも十分にピクチャーウィンドウの役割を果たしてくれます。また、特に周囲に特別な眺望がなく、大きな窓はプライバシーの観点からもあまり望まれない場合には、小さな窓は効果的なピクチャーウィンドウとなってくれます。何でもない風景も、小さな窓での切り取り方や窓枠の形やデザインによって、1つの絵画のような風景を室内にもたらしてくれます。

写真:KOICHI TORIMURA

空の風景を切り取る天窓

Courtyard House - East Dulwich モダンデザインの ダイニング の Designcubed モダン
Designcubed

Courtyard House – East Dulwich

Designcubed

敷地によっては、周囲を隣家に接するように囲まれている場所も当然あります。そうした立地条件では、なかなか壁にピクチャーウィンドウを設けることは難しいでしょう。そんな時でも屋根に窓を設置する天窓であれば、周囲の環境に左右されることなく、空の風景を室内に取り込むことができます。天窓はそうした利点だけでなく、他にも様々なメリットを住まいにもたらしてくれるので、是非こちらの記事も参考にしてみて下さい。

中庭で風景をつくり出す

住宅街などで周囲にきれいな眺望を臨めない場合の方法として、中庭などに風景をつくり出して、その眺めをピクチャーウィンドウで切り取るというやり方も可能です。また、畳の上でくつろぐ和室であれば、目線も低くなり窓の位置も変わってくるので、そうした窓からの見え方や窓枠のデザインについて建築家とよく話し合いながら、魅力的な窓辺にしてみて下さい!

絵画のような風景を住まいに取り入れてみませんか?コメントをお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!