OFD architectsが手掛けたリビング

お洒落にかっこよく!白黒でまとめる部屋づくり

Nami Sasaki Nami Sasaki
Loading admin actions …

白黒のコーディネートは、スタイリッシュで洗練された雰囲気があり、いつの時代も愛されてきた王道の組み合わせ。白と黒というシンプルな組み合わせは、色使いに困ることもなく、簡単にセンスの良い部屋を作り出すことができるので、インテリアにぜひ取り入れたいところですよね。今回は、そんな白と黒を基調にお洒落にまとめられた部屋の数々をご紹介します。あなたのお部屋も、白黒でモードにキメてみてはいかがでしょうか。

アーティスティックに飾る

OFD architectsが手掛けたリビング
OFD architects

ofdesign Oskar Firek Mono Apartment salon

OFD architects

まず初めにご紹介するのは、ポーランドのインテリアデザイナーofdesignが手がけたこちらのリビング。枝分かれした樹木のようなユニークな形をしたランプが、アーティスティックな空間に彩りを添えます。L字型の黒のソファにはめ込むように置かれた白のローテーブル、という配置もセンスがあります。やはり王道は、白い空間に黒のインテリアでしょうか。逆に黒い空間に白のインテリアだと、また違った雰囲気になりそうですね。どちらにせよ、白と黒の組み合わせは、都会的で洗練された雰囲気を醸し出すことができそうです。

Black&White

メキシコの建築家kababie arquitectosが手がけた「Black&White」というプロジェクト。その名の通り、室内は全て白と黒の二色使いでまとめられ、お洒落な雰囲気が漂います。こちらの寝室は、黒のインテリアに白い小物使いが効いていますよね。とりわけ目をひくのは、棚に飾られた白の木馬でしょうか。シュールレアリズムも感じられ、芸術的なセンスが光る、素敵なお部屋です。

まるく木材を使って

こちらはイギリスのデザイナーDesigner Kitchen by Morganが手がけたキッチン。黒光りする木材が、真っ白の作業台にスパイスを加えています。白と黒の組み合わせは、スタイリッシュ過ぎて少しハードルが高いと敬遠しがちな方も、こちらのキッチンのように黒の部分には木材を、そして丸みのあるデザインにすると、表情も柔らかくなって、取り入れやすくなるのではないでしょうか。お洒落でかっこいいインテリアに囲まれて暮らしてみたいものですね。

互いを高め合う色使い

こちらはメキシコのインテリアデザイナーLA RORA Interiorismo & Arquitecturaが手がけたキッチン。漆黒のカウンターに、面白い構造体の白いハイチェアがよく映えます。白と黒の色使いが、コントラストをより明確にして、互いのデザイン性を高め合っていますね。どちらかというと淡い色味が用いられるキッチンに黒を持って来るのは勇気のいることかもしれませんが、白を一緒に使うことによって、厳つい感じにならず、むしろスタイリッシュにまとめることが出来ます。

市松模様×暖炉

蓼科カンタービラ: 加藤將己/将建築設計事務所が手掛けた窓&ドアです。

こちらは八ヶ岳は蓼科山に位置する、蓼科カンタービラと呼ばれる山荘です。手がけたのは加藤將己/株・将建築設計事務所。床は白黒の市松模様で彩られ、これまた正方形の開口とハーモニーを奏でます。広い空間に、漆黒の暖炉がオブジェとして圧倒的な存在感を放っていますね。寒い地方ならではの機能が、意匠的に昇華されました。アーティスティックに仕立て上げられた山荘から、八ヶ岳の雄大な自然を感じられそうです。

イナズマ

こちらはフランスのデザイナーAgence Glenn Medioniが手がけたキッチン。白を基調とした空間に、大胆に走る稲妻のような黒のラインが目を引きます。前面のカウンターと後ろのキッチンキャビネットに描かれたラインが、まるで繋がっているかのように見えるデザインにも、計算された美しさが感じられます。天井を見上げれば、ダクト部分も白黒でデザインされているという手の込みよう。細かい技術が光る、考え抜かれた設計です。

黒のシャンデリア

Milan Chic Chandeliersが手掛けたリビングルーム
Milan Chic Chandeliers

Black and bronze vintage repurposed chandelier, 12 lights

Milan Chic Chandeliers

続いては、珍しい黒いシャンデリアのご紹介。イタリアのデザイナーMilan Chic Chandeliersが手がけたこちらのシャンデリアは、アンティークのクリスタルを使用したもの。黒色にゴールドの燭台やチェーンが輝き、豪華なデザインに仕上がりました。一般的な住居は白い壁紙がほとんどなので、このような黒の照明を取り入れれば、簡単に白と黒のコーディネートを楽しむ部屋作りができますね。照明をひとつ取り付けるだけで、お部屋の雰囲気もガラリと変わりそうです。

洞窟の中に住むように

こちらは東京を中心に活躍する筒井紀博空間工房/KIHAKU tsutsui TOPOS studioの手がけた住宅。イタリア語で洞窟を意味する「caverna」と名付けられた通り、打ちっ放しのコンクリートは岩肌を彷彿とさせます。地下1階地上3階で、7層のスキップフロアによって構成されているため、まるで切り立った岩の間を縫うかのようなデザインに仕上がりました。洞窟というと怖いイメージがあるかもしれませんが、逆にここで感じられるのは包まれるような暖かさや安心感。白黒ですっきりとまとめられたインテリアも、洞窟のイメージによく合っていますよね。

優雅なバスルーム

Drummonds Bathroomsが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
Drummonds Bathrooms

Drummonds Case Study: Loz Feliz Retreat, California

Drummonds Bathrooms

こちらはイギリスのバスルームのリフォームを手掛ける会社Drummondsによって手がけられた、開放感あふれるバスルーム。美しい模様の描かれたタイル貼りの床に、白と黒のインテリアがよく映えます。バスタブとシャワールーム、洗面台と、全てが広々としたスペースが取られている、贅沢な空間設計。バスタブのすぐ脇の開口も、まるでバルコニーのようで嬉しいですよね。お湯に浸かりながら外の景色を堪能できるのは、究極の贅沢です。

美しく、そしてかっこよく

DELIFE が手掛けた寝室
DELIFE

Polsterbett 200x200 Schwarz und Weiss mit LED

DELIFE

まるで魔法の絨毯のように床に接していないかのような浮遊感が新しいこちらのベッド。ドイツのDELIFEが手がけました。ヘッドボードとベッド本体か一体となったデザインは珍しいですよね。滑らかな流線型が美しく、まさに大人の男性のためのベッドといったデザインになっています。そんなベッドには、やはり白黒を基調としたインテリアがぴったり。モヘアのラグがより一層の高級感を醸し出します。

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

いかがでしたか?白黒を上手にインテリアに取り入れて、お洒落で都会的なライフスタイルを送ってみませんか。コメント、お待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!