見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

良質な睡眠を誘う青い寝室

mami.k mami.k
Loading admin actions …

青という色には集中力を高めたり、興奮を抑え、気持ちを落ち着かせる効果や、睡眠を促進する効果があるそうです。また空のイメージから開放感を与える色とも言われています。家の中でもっともリラックスして過ごしたい場所の一つである寝室にこの色を使ったアイディアを10ご紹介します。

一面だけ青色を使った部屋

こちらは有限会社加々美明建築設計室の設計による高齢者住宅の一室です。入居者の方々が今まで培ってきた経験やご趣味を共有しながら暮らせる家を作ろうと計画されたこの共同住宅は、各所に鮮やかな色や柄が使われており、目に楽しく行く先々で新鮮な気持ちになれるような空間が広がっています。このお部屋は青をテーマに造られているようです。木材が多く使われた居室に、一面だけ青にした壁が落ち着きをプラスしていますね。深い眠りを毎晩提供してくれそうなお部屋です。

天井を空にした部屋

こちらは緑豊かな田園地帯に建つ二世帯住宅の一室です。写真のお部屋は白を基調にモダンなイメージで造られた子世帯の寝室です。雲の浮かぶ青空を映した天井が開放感を演出していますね。ロフトになっているベッドに上がれば目の前に広がる空を眺めながら気持ち良く眠ることが出来そうです。空の与える楽しさと落ち着きを両方持った寝室です。

優しい色の万能ぶりを活かす

こちらの寝室は優しい青色の壁が印象的です。強くない色合いで、他の三面を囲む白い壁と相性がよく、落ち着いた清潔感のある空間を演出していますね。中間色の淡い色なので、カーペットのベージュや壁の白、ワンポイントで置かれたスタンドの赤などとも喧嘩せず、絶妙な調和を見せています。

色の中に模様を入れることで圧迫感のない空間に

軽井沢の森の中に佇む山荘の寝室です。フローリングの木材もかなり色の薄いものが使われていて、全体的に白を基調にしたモダンな家の中に、ところどころ色が使われていて、屋内に強弱を付けています。この寝室の青は塗り跡を残したような模様が浮き上がっており、べたでないので濃い色合いでも圧迫感がないですね。落ち着いた気分で夜を過ごせそうです。

青色のもたらす解放感

こちらの寝室は薄い水色の壁が爽やかな印象です。ショートケーキの角を落としたような形の敷地に建てられたというこちらの住宅は屋内も複雑で立体的な間取りになっています。寝室も入口から斜めに広がるような壁が空間の広がりをイメージさせる青の効果と相まって開放感を生んでいますね。実際の面積よりも広々と感じそうな寝室です。

アンティークと相性のいいブルーグレー

こちらは「漆喰とアンティーク部材で造られた小さな洋館」がコンセプトの住宅です。実際に外国から輸入したアンティークの部品と日本の建材を組み合わせて建てられたそうで、新築でも経年美を感じる家になっているとのことです。そんなアンティークな洋館のしっとりとした雰囲気に、この寝室のブルーグレーの壁がとてもマッチしていますね。くすんだ色合いの青が、落ち着いた雰囲気を醸し出す木材のドアなどと綺麗なコントラストを生み出しています。アースカラーはどんな色とも調和しますので取り入れやすいですね。

シンプルな空間にワンポイントを

渋谷区の住宅: sorama me Inc.が手掛けた寝室です。
sorama me Inc.

渋谷区の住宅

sorama me Inc.

こちらは渋谷区にある住宅の寝室です。白い壁と木材のフローリングの組み合わせがとてもシンプルですが、その中に濃い青色のドアがあることで淡泊で無機質な感じのない空間になっています。広い面積を使わずにポイントで色を使い、空間を引き締めるアイディアは、真似してみたいですね。

青色と和室の組み合わせで落ち着いた部屋づくり

青は鎮静作用のある色と言われています。日本人なら誰もが落ち着きを感じるであろう和室と濃紺の襖、棚の組み合わせが静かな時間を過ごすことの出来る空間を作り上げています。畳の薄いグリーンと濃いブルーの組み合わせがとても美しいですね。また、色を入れたことによって和室でありながらモダンな印象のある寝室になっています。

同じ色の中に柄で変化をつける

shinagawa: 夏水組が手掛けた寝室です。
夏水組

shinagawa

夏水組

こちらはブルーをテーマカラーに造られたハイクラス賃貸の寝室です。ハイクラスと言うだけあって、天蓋が付いていたり、シャンデリアがあったりとクラシカルでラグじゃりーな印象です。テーマカラーのブルーを用いた壁紙が華やかで印象的ですね。上部はテムズ川の川べりに建つ木々をイメージして造られたクロスなのだそうです。下半分に貼られた淡い水色を川とみなせば本物のテムズ川のそばでゆったりとしているような気分になれそうです。また、柄の違う壁紙を組み合わせたことによって、部屋全体が青でものっぺりした印象を与えませんね。

青を一色取り入れるだけで華やかになったり落ち着きのある印象になったりと様々な変化がありますね。コメントお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!