仙川の家: Studio R1 Architects Officeが手掛けたダイニングです。

周辺の環境を活かした建物「仙川の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは都内の住宅街に建てられた家です。建てられたのは木造2階建ての住宅。周りの3方を家に取り囲まれた住宅密集地に建てられています。唯一囲まれていないのは、通りに面する正面のみ。このような典型的な都会の家を手掛けたのは、建築事務所「Studio R1」。本住宅は都会の建物にありがちな問題を解決し、心地良い家を実現させています。

控えめな建物の外観

もし建物を通りから建物を眺めるなら、普通の住宅に見えるでしょう。白色の外壁、そこに取り付けられたガラス窓、そしてベランダが見えます。このような建物で大きな特徴といえるのは建物前面に飛び出しているベランダ程度。それ以外に建物外観で大きく主張するものはなく、全体的に控えめな印象を与えるでしょう。

心地良い屋内空間

強烈な個性を見せない建物の外観ですが、その内部には美しい空間が広がっています。それを生み出すのは白色にまとめられた壁や天井、そして木の床や階段。白色の壁や天井は空間に清潔感を与えます。その一方で白色によって冷たくなりがちな空間に、木が持つ自然の暖かさが加えられています。こうして屋内空間には、暖かく清潔な空間が広がっているのです。

ガラス窓から射し込む光

建物の2階には、このような空間を明るくするため多くのガラス窓が取り付けられています。ですが窓越しに見えるのは、周りを囲む住宅や、それが生み出す影ではありません。窓から見えるのは空や緑。すぐ近くに隣家が迫っているため、採光が得られるように建物の上側に多くのガラス窓が取り付けられました。また建物正面が通りに面して視界が遮られていないことから、大きなガラス戸が設けられ、室内に多くの明かりをもたらされています。

都会の中で自然を感じることができる空間

特に2階の正面部分に取り付けられたベランダとガラス戸は大きな効果を生んでいます。なぜならガラス戸越しに森を見ることができるからです。建物の正面には通りがありますが、その向こうには見えるのは木々が生い茂る神社。そこで本住宅は、通りに面したところにベランダを設けて、窓からの風景を活かせるようにしています。ベランダ横にはリビングルームが配置されており、そこから風景を楽しむことができるのです。そのため、ここが住宅に取り囲まれた場所であることを感じることはありません。それどころか明るく暖かな空間で居心地の良さを感じられるでしょう。

周辺の環境を活かした建物の造り

都会の住宅にありがちなのは採光の悪さや緑の少なさ。せっかく都心に住むことができても、薄暗く、コンクリートに囲まれた空間では、心地よい生活を送ることができないでしょう。ですが本住宅では、このような問題に悩む必要はありません。ここには周辺の環境を最大限に活かした空間が作られています。そして明るく暖かな空間の中で、都会に残る自然を感じることができるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!