田園地帯に建つ三角屋根のほのぼのとした家
3つの屋根 / Triple Roof: 市原忍建築設計事務所 / Shinobu Ichihara Architectsが手掛けた家です。

田園地帯に建つ三角屋根のほのぼのとした家

田園地帯に建つ三角屋根のほのぼのとした家

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

場所は畑の広がる長閑な田園地帯。小高い山並みに呼応するように三角屋根と陸屋根が交互に繋がるユニークな形態の住宅を紹介したいと思います。市原忍建築設計事務所が手がけたこの家は、地域の既存のコンテクストを踏まえながらも、新鮮かつ豊かな表情を周囲の近隣環境に向けています。ではさっそく詳しく見ていきましょう。

山に呼応するスカイライン

昔ながらの三角屋根を持つ近隣住宅にも馴染むその佇まいは、同じく三角屋根を取り入れていますが、瓦の代わりにオフホワイトのような落ち着いた色合いの鉄板葺きを採用し、壁も同系色で統一した新鮮でスタイリッシュな外観です。ほのぼのとした雰囲気が、緑のこんもりとした小山を背景によく馴染んでいますね。三角屋根のボリュームは閉じた外壁、そして陸屋根のボリュームには大きな開口を設け、変化を持たせた空間構成です。

屋根の上のテラス空間

三角屋根の間に挟まれた平らな屋根には2階からアクセスできるテラスを設けています。綺麗な木の色合いが白色系の外観に良く映えるウッドデッキは チーク材でしょうか、多目的に使える外部空間からの眺めも最高ですね。

機能的な造作家具と不思議な通り抜けのある部屋

室内を見てみましょう。空間のサーフェースを完全に合板で覆い、合わせて造作家具をたくさん設えた機能的なインテリア。どこにでもある普通の素材を用いていますが、単純になることなくかえって斬新な空間が生まれました。その理由は、ディテールに凝った家具や遊び心のあるエレメントが空間を豊かにしてくれるからなんです。庭に面した大きな開口部が外部との繫がりを生み、明るく気持ちの良い居室になっています。

徹底した木板張りの住空間

こちらは隣の居室からキッチンを見たところです。見事に空間全体を同材で覆い、均一にもかかわらず雰囲気のあるユニークな空間を作っています。そこに添えられる多様な家具やインテリア、そしてライフスタイルにも対応してくれそうなデザインです。

ちらっと見せる異素材の使い方

アイランド式のキッチンの向かい側には階段を配置。奥に見える廊下部分と共に移動空間は白を基調としてまとめています。柔らかな色合いは奥行きを感じさせ、アクセントにもなります。また 騒音や視界を遮るのにも便利な 引き戸による空間の多様化は是非参考にしたいアイデアですね。

広がりを感じさせるお洒落な水廻り空間

2階の水廻りです。屋根の勾配をそのまま反映した傾斜のある天井は広がりをもたらしてくれます。そして天窓からの採光は思いのほか効果的で、十分な明かりを提供してくれるんです。造作で仕上げたミニマルなカウンターに長方形のシンク、そして壁に取り付けた水栓がとってもお洒落ですね。洗面所ってなかなかゆとりのある面積を確保できないのですが、やはりゆったりとしたスペースは気持ちがいいものです。天井を高くするだけでもかなり開放感が生まれるので是非参考にしてみてください。

山小屋のような籠もり感のある個室

こちらも天井の勾配を生かした2階の居室です。合板で覆われた室内にジュートの敷物を組み合わせたナチュラルな素材でまとめています。あえて開口を小さくすることで山小屋のような籠もり感のある雰囲気が出ますよね。窓からのぞく緑の借景が空間をさりげなく演出してくれます。

シンプルだからこそディテールは慎重に!

こちらはがらっと雰囲気の異なる白でまとめたクリーンな印象の空間ですね。これほど潔いデザインだと、住まい手が等身大の住空間を自由自在にクリエイトできそうです。 窓の位置による光の取り入れ方、空間同士の関係性など建築的なアイデアがダイレクトに伝わってくるシンプルな家こそ、豊かな暮らしを実現してくれそうです。

優しい雰囲気が漂う田園地帯に佇む家、いかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!