SHEERDROP: FUJII DESIGN STUDIOが手掛けた家です。

都会の環境を活かした建物「SHEERDROP」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

都心から近い住宅地に建てられた一軒の家。それは2階建ての鉄筋コンクリート造りの建物で、外観にはコンクリートの壁や、大きなガラス窓が取り付けられたバルコニーが見えます。このような都会的な外観を持つ本住宅を建てたのは、建築事務所「FUJII DESIGN STUDIO」。本住宅は都会の住宅環境を考えた家を実現しています。

目を引き付ける外観

建物の外観は少し変わったものとなっており、個性的なものとなっています。特に印象的なのは、張り出すような形となった2階部分。また建物の側面には窓が無く、見えるのはコンクリートの壁のみ。そして屋上部分には小さな構造物も見えます。そのため本住宅は他には無いような外観を持っています。そして、その個性的な姿は人々の目を引き付けるでしょう。

風景を楽しむことができるバルコニー

そんな建物で特徴となるのは大きく開かれたバルコニー。そこには大きなガラス戸が取り付けられており、建物内部からは外の眺望を楽しむことができるようになっています。通常であればバルコニーやそれに取り付けられたガラス戸によって、建物内部の様子が丸見えとなってしまいますが、ここではそうなることはありません。バルコニーは庭に向かっ取り付けられているため、外からは覗き見られることはなく、中からは庭の風景を楽しむことができるのです。

都会の小さな自然となる屋上庭園

屋上部分に小さな構造物が見えるが、それは屋上庭園となっています。そのイメージの元となったのは牧草地。屋上は野の花などを植える「メドゥーガーデン」となっており、都心部の住宅地で小さな自然を体験することができます。このような屋上が提供するのは、バルコニーと同様、素晴らしい眺め。そこからは建物の前にある庭、そして家の近くに植えられている桜の木などが見え、都心でありながらも、自然との繋がりを強く感じることができるでしょう。

自然を感じられる場所

そもそも建物が建つのは小川沿いの場所。ですが小川は蓋で覆われ暗渠となり、その上を遊歩道が通っています。自然が身近であった場所に残されたのは遊歩道に植えられた木々程度。都市化されて、この場所の自然は僅かとなってしまいました。ですが、ここでは残された自然を取り込むように建物が建てられています。そして、かつての環境を思い起こさせるように、屋上には小さな自然が再現され、今なお自然を感じられる場所となっているのです。

周辺環境を最大限に活かした住宅

都心に近い住宅地では自然を感じられる機会は少ないでしょう。ですが本住宅は都会的な外観の建物であっても、環境を意識して建てられています。そして自然を取り込むだけでなく、小さな自然を生み出します。本住宅は周辺環境を最大限に活かして、自然を感じられる建物となっているのです。

Title SHEERDROP

Architect   KENYU FUJII 

Photo by Atsushi NakamichiNacasa & Partners Inc.

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!