間取りで考える優しい二世帯住宅

A.Imamura A.Imamura
House in Hashie, 矢内建築計画 一級建築士事務所 矢内建築計画 一級建築士事務所 オリジナルな 家
Loading admin actions …

二世帯住宅は高齢の親世代と一緒に住むのが基本となる住宅です。また、異なる世代同士が生活を共にする住まいでもあります。親世代の住み心地を大切にしながら、お互いが居心地よく過ごせる住まいの間取りを見てみましょう!今回は、間取りで考える優しい二世帯住宅のアイデアをご紹介していきます。

二世帯住宅の間取りは家族構成と世代を考慮して

こちらの丘の上に建つ白いミニマルモダンな外構の家は、玄関・キッチン・浴室がそれぞれ独立した分離型の二世帯住宅の間取りです。エントランスホールを共有し、親世帯と子世帯がそれぞれの玄関で左右に分かれます。シンプルな平屋建てで左右に住居スペースが別れることにより、お互いの生活が干渉しすぎない距離感を保ちます。二世帯住宅の間取りプランは、家族構成や年齢等を考慮して、完全独立型、一部共有型、完全共有型など、住居スタイルをプランすることが大切です。

クレジット: JIKOOYOOEN ARCHITECTS

中庭に面して両世代のLDKを配置した間取り

こちらは、二つのボックス型の住まいが中庭を通じて繋がる二世帯住宅です。東側を子世帯、西側が親世帯住居となり、両世帯の中央の中庭に面して各世代のリビングダイニングキッチンが配置されています。程よい距離がありながらも、中庭に面しお互いのLDKがあることで、両世帯が集いやすく、また団欒のタイミングも図りやすいですね。中庭が二世帯の屋外リ ビングルームの役割を果たす素敵なアイデアです。

二つの平屋で繋がる二世帯住宅

こちらは、ゆったりとした敷地を生かした平屋造りの住まい。双子のような愛らしい平屋二棟が緩やかな角度で繋がっています。開放的でおおらかな間取りの平屋は、完全分離型住居でも閉塞感がなく、ゆったりとした距離感と開放感が特徴的です。また、このようなシンプルな木造平屋構造はバリアフリー住宅が簡単で、また世帯の違いを考慮した分離型住宅の建築初期費用も通常よりおさえることができますね。

クレジット: 新澤一平

和モダンテイストで世代を越えてくつろげるスペース

こちらは、分離型二世帯の共有スペースとなるリビングダイニングと中庭。家族全員が集まるリビングダイニングは、どの世代も落ち着いて過ごせるように木の素材感を生かした和モダンテイストで統一されています。柔らかい間接照明と中庭の芝生のグリーンが美しいコントラストを演出し、暖かさの中にすっきりとしたモダンテイストは、親世代の住み心地を大切にし、また両世帯が自然にふれあえる共有スペースがデザインされています。

写真家:福澤昭嘉

各階に各世代の部屋がある

こちらは螺旋階段で繋がる完全共有型の二世帯住宅。各階で世代の部屋を設けながらも、2階へと上る階段には顔がちょこんと出せる小窓が設けられ、いつでも顔をみて会話をする事ができるような愛らしい工夫がなされています。2階から3階へ上がる階段はスケルトンで空間に開放感をだし、ここにもお互いの気配が感じ取りやすい配慮がなされています。完全共有型の問題点「限られたスペースと収納場所の確保」は、デッドスペースをできるだけ少なくし納場所を確保することで解決。家族の距離が親密で愛らしい住まいがデザインされています。

クレジット: スタイル工房_stylekoubou

バリアフリーは世代に関わらず大切

こちらは、車椅子でも快適に生活できるように様々な工夫が凝らされた住まい。車椅子でも余裕をもって室内を移動できるようなゆとりと動線、洗面台やトイレの配置、手すりの設置など様々な場所に細やかな配慮をもって設計されています。主に親世代を考慮し設計されるバリアフリーですが、特別な家や間取りをつくると考えるのではなく、あくまでも二世帯住宅は住みやすく暮らしやすい家を作ることが重要だと考えましょう。バリアフリーは世代に関わらず、みんなに優しい住まいの間取りとなります。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ   

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ   

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀     

募集ページはこちら

みんなに優しい住まいの間取りはいかがでしたか?是非、コメントを書いてください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!