繋がりを持つ家「中庭のある木の家」
居間と中庭: 石井智子/美建設計事務所が手掛けたリビングです。

繋がりを持つ家「中庭のある木の家」

繋がりを持つ家「中庭のある木の家」

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

三重県伊賀市の里山に建つ木造2階建ての住宅。それは黒塗りの木板に覆われた印象的な外観を持つ。新しい建物にも関わらず、木材を多く使っているため里山の風景に良く馴染んでいる。このような家を建てたのは「美建設計事務所」。今回建てられた家は「繋がり」を意識しており、他に無いような魅力的なものとなっている。

「繋がり」を持つ家

本住宅に付けられた名前は「中庭のある木の家」。その名の通り建物には中庭が設けられている。建物は2つの棟から構成されており、2階建ての棟と1階建ての棟、そしてそれを繋ぐ廊下に挟まれた形で、木々が植えられた中庭がある。このような中庭は建物に「繋がり」を生み出し、空間的な広がりを生み出している。

屋外と屋内との繋がり

建物を外から見ると幾つか窓が見えるが、いずれも小さく中の様子を窺うことができない。そして建物は外と繋がりのない閉じられた空間であるように見えるだろう。だが中庭は外との繋がりを生み出している。建物内の中庭に面した場所にあるのは巨大なガラス窓。その前にはリビングルームがあり、そこから美しい中庭の景色を楽しむことができる。そのため外との繋がりが生まれ、閉塞感を感じることはないのだ。

部屋と部屋との繋がり

こうした「繋がり」は他でも感じられる。それは壁の少ない空間。リビングルーム、ダイニングルーム、キッチンは壁によって隔てられておらず、1つの空間となっている。また一部は吹抜けとなっており、縦横に広い空間となっている。そのためここでは家族が集まり、食事や食後の団欒を楽しむことができる。もちろん、このような隔たりのない空間は、家族の絆や繋がりを意識させてくれるはずだ。

自然との繋がり

だが本住宅で忘れていけないのは自然との繋がり。外壁に木板が見られるように、建物には多くの木材が使用されている。そして建物内部でも、それは変わることはない。特に印象的なのは木製の梁や柱、そして床。木材が建物の至る所に使用されており、自然の温かみを感じることができる。木々の緑を見せる中庭と共に、ここでは自然との繋がりを強く感じられるだろう。

様々な繋がりを持つ家

本住宅には多くの木材が使用されているが、それは普通のものではない。なぜなら家の設計を依頼した施主の山から運ばれたものだからだ。先代から受け継がれた山の木々を使うことは、先祖との繋がりも感じさせるだろう。こうして本住宅には様々な繋がりが生まれている。空間的な繋がり、自然との繋がり、家族との繋がり、先祖との繋がり。このように多くの繋がりは、「中庭のある木の家」を特別な魅力を持った住宅にしているのだ。

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!