紫竹の家-高低差を活かす-: atelier mが手掛けた家です。

高低差によって生まれた多彩な空間!上品でモダンな住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、高低差を生かすことによって空間に多様性が生まれたモダンな住まいです。敷地の条件を上手に利用したほか、開口の設け方を工夫することで室内には快適な光があふれ、開放感のある上品でお洒落な住空間が生まれています。この住宅を手掛けたのは、大阪を拠点に活動する一級建築士事務所ATELIER Mです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

高低差を利用して作られた家

住まいのロケーションは京都の閑静な住宅街。敷地は南北に長くなった形状で2方向が道路に面した角地となっており、さらに道路からは80㎝の段差があるという状況です。建築家はその段差を上手に生かすことを考えこの住宅を建てました。こちらは住まいを南西方向から見た様子ですが、コンクリートとアースカラーの優しいトーンをした外壁からなる落ち着いた雰囲気のモダンな外観をしています。通りに面している側には高い位置に開口が設けられ、通行人からの視線などが気にならないように考慮されています。

一体感のある室内空間

こちらはLDKの隣にある和室からリビングをのぞんだ様子です。奥に見えるタイル張りのオープン型の仕切りの向こうはキッチンとなっています。和室とLDKは引き戸によって仕切ることもできますが、このように開け放つと一体感のある広々とした空間となります。室内は白と基調としたシンプルナチュラルなインテリアでまとめられており、ゆったりとくつろげる雰囲気。リビング・ダイニングには中庭につながる大きな開口も設けられ、外部との空間のつながりにより一層開放的な気分を味わうことができます。

ハイサイドライトで光を取り込む

こちらは先ほどとは逆側となるダイニングキッチンからLDKと和室をのぞんだ様子。壁の上部は長い開口となっており、外部からの目線は気にすることなく快適な光だけを室内に呼び込むことができます。リビング・ダイニング空間の天井は、中庭に向かって高くなっている勾配天井となっており、広々として開放的な雰囲気です。

モダンな和室

シンプルな畳の敷かれたモダンな作りの和室です。小さな窓と高い位置に設けられた開口から光を取り込むことで、空間が優しい明るさにあふれた落ち着きのある雰囲気になっています。低い位置に控えめに飾られている和の小物たちも、シンプルでモダンな和室に上品な彩を添えています。

家族だけで楽しめる中庭

こちらは中庭部分を上から見下ろした様子です。コンクリートの塀に守られるように、住まいにはプライベートな屋外空間が作られ、家族は外部の視線を気にせずゆったりとくつろぐことができます。天気のいい日は、外で食事を楽しんだり、空を感じながらここでのんびり過ごしたりと、自由きままに利用できるので、家族のお気に入りの場所となっていることでしょう。

美しい夕暮れ時の佇まい

こちらは夕暮れ時の住まいの様子です。ハイサイドライトやその他の窓からの柔らかい生活の明かりが、まるで道路に灯る照明のようになり道行く人を安心させてくれそうです。日中はモダンで上品な佇まいが、夜になると建物の輪郭が優しい明かりによってくっきりと浮かび上がり、とても幻想的な雰囲気に。昼間とはまた一味違った住まいの表情を見せて、住まい手や通行人を楽しませてくれているようです。

高低差を上手に利用したモダンな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!