通り土間(改築): エヌ スケッチが手掛けた玄関・廊下・階段です。

大切にしたい日本家屋の特徴

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

日本家屋には、長い歴史と先人の技と知恵が詰つまっています。伝統的な家屋は、日本の風土や気候に合わせた技術や手工が見られると同時に、四季の移ろいを愛で、自然と共生する日本人の生活様式が垣間見られます。今回は、そんな大切にしたい日本家屋の特徴をご紹介していきます。

日本家屋の多目的な部屋の間取り

伝統的な日本家屋の間取りは、「田の字型」と呼ばれる連続する部屋と部屋が特徴的です。伝統的な間取りは、襖で仕切られ必要に応じて部屋の大きさを自由に変えることができます。部屋が連続していることで奥行きが生まれ、実際の部屋の大きさよりも広々と感じられます。また、どの部屋も外に面しており、採光や通風に特化し、明るい住居空間を可能にします。プライベートを重視する現代の住宅とは異なるコンセプトをもつ日本の住まいには、やはり気候に適した多くの利点が見られます。

内と外を繋ぐ縁側

日本家屋の特徴の中でも独自で風情ある、縁側。内と外を緩やかに繋ぐ縁側は、家の外とも中とも言えない曖昧なスペースです。家の中にいる安心感と外の開放感を同時に味わいながら、移ろう季節の変化を楽しむことができます。家の建物の縁部分に張り出して設けられた縁側は、夏の強い日差しを遠避け、冬の太陽を居間の中まで取り入れる利点があります。 住まいの環境を守る緩衝空間となり、また冬のサンルームとして利用することもできます。

格子戸

こちらは美しい格子戸が印象的な和風モダンな住まい。ムク材や漆喰塗りなど自然素材を多く用いた住まいの外観は、視線を柔らかく受け止められるよう木製格子を基調としています。格子戸は、木枠の組 み方やプロポーションに よって日本家屋から洋風まで様々な趣を感じさせること ができます。格子戸は、直射光を遮りやわらかい光環境をつくってくれます。また、視線を遮りながらも音や気配が伝わる日本らしさが特徴的です。

土間

日本家屋に見られる土間は、生活空間よりも一段低くなっています。土や三和土、現代ではタイル、瓦等を敷き込みつくられます。室内空間でありながら戸外的利用も可能で、多用途に利用 されます。 外部との連続性が高く、外部のものや動物を持ち込める内部空間と して多用途に利用可能されます。こちらは、そんな土間のメリットを利用してモダンにリフォームされた住まい。通り土間を設けることによって、下足のまま表から裏の畑まで行けるように考慮され、また座敷と新しい住まいを緩やかに繋げながら、縁側や廊下を共有します。自然との一体感ある暮らしが素敵ですね。

日本家屋の門構え

公共のスペースと私有地を別ける意識的な境目として、門や壁が設けられます。門をくぐると前庭、敷地奥の住まいへと続く通りがあり、美しい和風庭園が広がります。門構えは、プライベート空間ではなく半公共的空間として周囲の町並みに調和したデザインを選択することで美しく引き立ちます。門構えは、現代においても住まいのシンボル性を象徴するので、美しさや華やかさ、個性等を感じさせるような外構デザインを住居環境に合わせてつくりたいですね。

坪庭

坪庭や中庭は、日本家屋によく見られる家の中にある小さな庭です、採光、通風や 鑑賞等を目的として設けられ、建物に囲まれた小さな庭は季節感を住まいにもたらします。奥行が深い敷地や建物に自然の光と風を呼び込みます。現代のコートハウスのように、坪庭や中庭を挟んで部屋が繋がることで、家族間で程よい距離感が保たれます。

日本らしい和風家屋を見直してみましょう。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!