家の中を通り抜けるような並木道!自然を身近に感じる住まい

Kanako.K Kanako.K
丸いアプローチを楽しむ家 藤原・室 建築設計事務所 北欧風 家
Loading admin actions …

住宅プランを考えるとき、可能ならお庭のスペースが欲しいと思う人は多いのではないでしょうか。自然を愉しむだけではなく、近隣との緩衝スペースにもなる緑のある空間は積極的に取り入れたいものですよね。そんな緑あるスペースと住空間を緩やかに、繋がりを感じられるようなデザインにしてみてはどうでしょう。ご紹介するのは、お庭に現れた大きな円形土間がインパクトのあるコンパクトな平屋の住まいです。藤原・室 建築設計事務所が手掛けるこちらの住まいは、円形の土間に点在する直裁が印象的。まるで小路のようにお庭と住空間をひと回りできそうなデザインです。お施主さんご夫婦の為の住まいは、将来的には雑貨店やギャラリーなど、これからの展開も愉しめるプランです。年々育つ植栽を楽しみながら、住空間との連続性を感じられる住まいです。

円形の土間が個性的な外観

敷地があるのは広島県広島市郊外の住宅地。元々畑として利用していた土地へ建てられた本住宅は、お施主さんご夫婦の老後為の住まいです。外観は大小さまざまな植栽に囲われた緑あるお庭に、明るいトーンの外壁木素材が印象的な平屋の住宅。お施主さんご夫婦の希望でもある「植栽を育てることを愉しめる家」は、お庭が個性を放つ特徴的なデザインに。円形の土間小路を歩くと様々な植栽を愉しめそうな賑やかさのあるお庭です。

木漏れ日の中を抜けるアプローチ

玄関まではシンボルツリーの下、木漏れ日の中を通る飛び石のある小路でアプローチ。淡い空、ナチュラルな木素材の外壁とシンボルツリーの緑、シンプルにまとめられたエクステリアが自然を愉しむ為のデザインにも感じられます。

屋内外を繋げる小路

室内インテリアは木素材をふんだんに用いて温かみのある空間に。まるで寄木細工のように敷き詰められた異なるトーンの木素材、フロアや壁、天井によって変化のある面白みのあるデザイン。お庭に円を描いていた土間と連続させた明るいトーンのフロアはまるで屋内外を一体的に感じることの出来る気持ちのいいアクセント。お庭の小路が室内まで入り込んだ連続感、将来的に雑貨店やギャラリーを開く際にも印象的で個性ある空間に。

オープンでフレンドリーなインテリア

お庭と住空間が連続するようなプラン、室内外を隔てる開口をフルオープンにすれば、まさに一体的なスペースとして過ごすことが可能です。小路の途中に置かれたような大きなテーブルは、家族が集まって賑やかに過ごすことのできる空間です。無駄な間仕切りもなく、パブリックなスペースをとことんフレンドリーな空間とした、明るく気持ちのいい居場所。

広がりを感じる住空間

日が沈むと室内を照らす照明が一層温かな雰囲気のある空間に。方形屋根の勾配天井によって開放感と段差のない安心感は平屋の大きなメリットにも。大きな開口ガラスに映りこむ室内は、本来の小路の表情も一遍したように住空間の広がりをも感じることができます。昼間にはお庭の小路で自然を感じ、夜には室内の広がりを感じられるちょっぴり面白みのある住空間です。

気が付いた事があればコメントを下さいね!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!