喜連川・傾斜地の家: 中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsが手掛けた家です。

大きなテラスと薪ストーブのある山の家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

栃木県ののんびりとした山間に建てられた山荘を紹介します。緩やかな傾斜地という特徴を生かしたゾーニングと自然エネルギーを利用したエコロジカルかつ自然の恩恵を享受するこの住宅は、地元の建築家・中山大輔氏が手がけました。さっそく見てみましょう。

傾斜地に寄り添うように配置した建物

周囲は自然の風景が広がるのどかな場所に建つこの山荘は、敷地の傾斜に沿った角度を持って配置されています。この角度によってパブリックなスペースとプライベートなスペースが緩やかにゾーニングされ、同時に繋がり一体感を出しています。木々の狭間のなだらかな傾斜地に静かに佇むこの建物は、道路に向って設けられた一続きのテラスが印象的です。

家全体を繋げるテラス

木板を張った外壁に天井までの大きな開口部を組み合わせたモダンさとラスティックな雰囲気が共存する外観ですね。なだらかな敷地の起伏が建物の佇まいに変化を添えると同時に、建物の角度が自然に寄り添うような印象を与えています。道路側の前庭に取り込まれたシンプルな玄関アプローチを通ってポーチへ。

自然な素材とディテールが美しい玄関廻り

緩やかな傾斜を上って玄関ポーチから玄関に入ります。玄関扉や建具、ポーチの軒天から壁に至るまで木の素材をふんだんに使用したナチュラルな雰囲気溢れるデザインですね。ポーチから三和土にかけて同素材を採用することで奥行きと広がりを持たせた玄関廻りです。右手はウォークイン式のクロークと納戸が配置され、1階にはその他客室が設けられています。

開放的な階段ホールにも借景

細長く配置された2階の階段ホールの横長窓から瑞々しい緑の風景が飛び込んできます。天井は竹でしょうか、シンプルで洗練された雰囲気を出しています。同じ木でも色調を揃えた異なる自然素材を組み合わせることで、統一感を出しながらそれぞれの特性や表情を楽しむことができますね。奥は主寝室と水廻り空間が配置されています。階段ホールによってプライベートな空間とパブリックな空間が分けられていますが、外部ではテラスによってしっかり繋がっています。

内外空間を繋げることで一体感を出す

パブリックスペースにはLDKがワンルームに収まった機能的な間取りを採用しています。ナチュラルな素材でまとめた空間を黒色に塗った壁が引き締めてくれます。傾斜した天井には長手方向にサツマヨシベニアを張り、奥行きをもたらしています。 テラスの軒天や壁にも同系の木の素材や黒色を使用し、内外が一体化するようなデザインを採用し、アウトドア空間も気軽に生活の一部に取り入れられるような開放的なパブリックスペースです。

薪ストーブが絵になる空間

こちらの住宅、太陽光発電を取り入れ、出来る限り自然エネルギーを利用するエコロジカルな意識の高い住空間を目指しています。そして人気の薪ストーブのある空間。プリミティブな方法で稼動する暖房器具ですが、その佇まいはとてもモダンでお洒落。体に優しい暖かさを提供してくれるのも嬉しいですよね。奥の階段は書斎に続きます。そしてさらに階段を登ると多目的に使用できるロフトへアプローチできます。

賢い間取りの例

ダイニングの奥にはキッチンを配置しています。低めの天井によって吹抜けとなったダイニング、リビングスペースと差異を設けることで生活感を全体に感じさせない間取りになっています。またキッチンの脇はパントリーを設け、収納スペースを十分に確保しているのも嬉しい配慮ですよね。壁厚を利用した造作の棚やなんとなく空間を仕切るローファニチャーなど、インテリアのアイデアも是非参考にしたいですね。

ゆったりとした時間が流れるようなナチュラルな住宅、薪ストーブとテラスが素敵ですね。皆さんの感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!