矢板・焼杉の家: 中山大輔建築設計事務所/Nakayama Architectsが手掛けた家です。

三角形の敷地に建つ片流れ屋根の家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

抜群の立地なのに敷地の形状がいまいち...ということってありませんか?今回紹介するのはのどかな田園風景が目の前に広がる環境に恵まれた敷地に建つ住宅です。通常なら建物配置に頭を悩ませるような細長い三角形の敷地なんですが、その形状に素直に従って細長い三角形の家を設計したのは栃木県に拠点を置き活躍する中山大輔建築設計事務所さりげなくダイナミックな外観が人目を引く住宅、さっそく見てみましょう。

ラスティッックな焼杉の外壁

稀に見る長さの片流れ屋根と素朴な焼杉張りの外壁が印象的な住宅が、緑あふれる自然を背景にゆったりと佇んでいます。時と共に味わいを増したような杉板は丁寧に手作業で焼いて炭化させたもので、見た目の格好良さもさながら耐候性・耐久性にも優れた建築材料なんです。大きなガラスの開口とのコントラストによってモダンさとラスティックな趣きが共存するデザインです。

角度によって色々な表情を見せる住宅

鋭利な敷地形状に沿って設計された住宅はもちろんシャープなエッジがきいていますが、緩やかに傾斜する屋根のおかげで、尖った印象は緩和されています。その片流れになりつつ角度が集約していく屋根の施工も熟練の職人さん無しではきっと実現しなかったのではないでしょうか。角度によって色々な表情を持つこの住宅の特に塀を設けない周辺環境に開かれたデザインは長閑な雰囲気にぴったりですね。

軒下の利用法

建物の角は屋根を大きく跳ね出し、軒下に可愛らしいブランコを設置しています。こういった遊び心を加えるだけで一気に親しみのある暖かな雰囲気の住宅になりますよね。

天井の高さと壁一面の本棚が圧巻!

室内を見てみましょう。天井高をたっぷり確保したLDK一体型のワンルームと上下階に配置された水廻り及び個室といった明快なレイアウトです。 クライントが沢山の蔵書を抱えており、その収納対策として考えられたのが、ご覧の通り壁一面に造作された本棚です。その本棚と融合する階段は見る角度によってはほとんどその存在感を感じさせません。寒い地域に建つこの住宅、人気の薪ストーブも設置しています。暖かな大空間で好きな本に囲まれて生活するなんて素敵ですよね。

素材を統一したインテリア

キッチンエリアでも棚を収納に利用。アイランド型のキッチンやダイニングセットにも木の素材のものを選び、空間に統一感を出しています。階段の側面の黒のスチールが幾何学的な模様を描き、空間のアクセントになったスタイリッシュなインテリアです。

敷地形状のおかげで実際より広さを感じる!

高い天井まで設置された大開口からは太陽の光がたくさん入り込み、明るく開放的なLDKは、その特殊な形態が生む視覚的な効果によってさらに広がりを感じさせます。

立体的な空間構成

階段を上ったところのギャラリーからLDKの大空間を一望!本棚の存在は圧巻ですね。一部開口にもなっています。立体的に広がる空間構成のおかげで、限られた敷地と床面積でも理想のライフスタイルを叶えてくれるダイナミックで変化に富んだ住空間を作ることが可能なんです。

短所を長所に変えていく方法

敷地の難点を逆手にとって生まれたケーキのような細長い三角形の住宅。その大胆な形状の中に快適性と機能性をきちんと織り込んでいます。経年変化したような佇まいは新築なのに暖かさを感じさせるのは、職人さんたちの手で丁寧に作られたからかもしれませんね。

素朴さとモダンさが融合した片流れ屋根の住宅いかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!