吉川の家 / House in Yoshikawa: 庄司寛建築設計事務所 / HIROSHI SHOJI  ARCHITECT&ASSOCIATESが手掛けたです。

存在感を持つ心地よい家「吉川の家」

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今回紹介するのは、とても印象的な外観を持つ住宅。建物は2階建てで、打ちっ放しコンクリートのファサードを持つモダンな建物です。2階部分が外に突き出るような形をしているため、まるで彫刻作品のように見えるでしょう。このような建物を手掛けたのは庄司寛建築設計事務所。本住宅は強い個性を持ったものとなっています。

個性的な外観

建物の形は上側が大きくなった台形。コンクリートで作られた構造から飛び出るように2階の空間が作られています。建物の1階にあるのはピロティ。そこには建物を支える柱と2階へと続く階段があります。それ以外には何もなく、主に車庫としての役割を果たしています。階段のある空間はガラス張りとなっており存在感を感じさせることはありません。それはコンクリートの柱を強調させ、力強い印象を与えるでしょう。

付け加えられた優雅さ

その一方で建物2階部分は力強さだけでなく優雅さも併せ持ちます。建物を形作るコンクリート部分から通りに向かって2つの箱型の構造が張り出しています。そこには巨大なガラス窓が取り付けられているため、素材の重さや力強さを必要以上に感じさせることはありません。それはコンクリートとは対照的な印象となり、建物に美しいコントラストを生み出しています。

コントラストを持った内部空間

建物2階内部では外観同様に異なる空間の組み合わせが広がっています。1つはコンクリートの空間。そこではコンクリートが天井や壁によって隠されることなく力強い雰囲気を生み出しています。一方でコンクリートから張り出した部分は壁や天井が白色となっており、感じられるのは暖かく優しい雰囲気。このように建物内部は2つの空間が美しく組み合わされているのです。

美しい眺望

建物のスマートさを特徴付けるのは素晴らしい眺望。建物から張り出す箇所には巨大なガラス窓が取り付けられており、そこから外の風景が見えます。ですがそれは建物の脇にある交差点の風景だけではありません。通りを挟んで見えるのは美しい桜並木。その並木は5キロに渡って連なっており、建物からその一部を眺めることができるのです。そのため春にはピンク色に染まった外の景色が家の中でも春の雰囲気を感じさせてくれるでしょう。

存在感と心地よさ

このような建物で忘れてはいけないのは、強烈な印象を与える外観の理由です。ここでは立地を考えて特徴的な外観を持たせているのです。建物が建つのは多くの人々が利用する幹線道路の交差点。そこでは、周辺の風景よりも行き交う車ばかりに目がいってしまうでしょう。だからこそ、この雰囲気に負けないような存在感を持つ建物が建てられたのです。ただし、そこで考えられたのは存在感だけではありません。そこに見晴らしの良い眺望や暖かな空間を加えて、心地よい暮らしを可能にしているのです。このように本住宅は存在感を持ちつつも、心地よさを持った特別な住宅となったのです。

このアイデアブックについて何か感じたことはありますか?ぜひコメントを書き込んで下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!