Дизайн-мастерская 'GENESIS'が手掛けたキッチン

壁に付けられる家具でデッドスペースを活用しよう!

A. Imamura A. Imamura
Loading admin actions …

壁に付けられる家具を使用して、住まいのデッドスペースを活用してみましょう!壁掛けシェルフやフックなどは、空間を上手に使うのに欠かせないアイテムです。今回は、ライフスタイルとスペースの問題をスマートに解決してくれる様々な壁に付けられる家具をご紹介していきます。

玄関先にオープンシェルフ

こちらは、COIL松村一輝建設計事務所が手がける狭小住居。長屋をリノベーションした縦長住まいの玄関には、夫婦の靴を置くオープンシェルフが設置されています。壁に付けられる家具の代表として、一番便利なオープンシェルフ。限られた空間を出来る限り広く、そして上下階も含めて繋がりを保つ住まいには、ピッタリの圧迫感のない家具の一つです。日々の生活や趣味の道具などを見せながら収納することで、住人の日々の暮らしや暖かみが感じられる心地よい住まいが演出されています。

撮影 増田 好郎(ますだ よしろう)

壁に付けられる家具: ライティングテーブル

壁に付けられる家具は、ライフスタイルとスペースの問題をスマートに解決してくれます。こちらのスウェーデン家具string(ストリング)は、自分の必要な機能だけを選び組み合わせることができる壁に付けられる家具です。棚板とデスク天板の組み合わせは、本を収納したり、ちょっとした時にテーブルを広げパソコンをしたりなど、省スペースを兼ねながらも空間を広々とフレキシブルに使うことを可能にしてくれます。

ボックス棚で

壁一面を使用することで、普段はデッドスペースになる壁面や天井スペースを活用することができます。写真のように、アルミ棚とディスプレイボックスを組み合わせることで、圧迫感のないリズミカルな空間が出来上がります。ディスプレイを楽しんだり、天井付近には普段使用しないものなどを収納したりなど、収納場所を確保しながらディスプレイも兼ねるおしゃれさが嬉しいですね。

壁に付けられる家具で自転車収納

壁に付けられる家具は、棚だけではありません。ロードバイクを美しく収納することもできます。こちらはミニマルモダンな住まいの地下ガレージ。壁掛けフックを使用して省スペースにロードバイクを収納しながら、素敵にディスプレイしています。自転車フックは縦置きや横掛け、または天井収納を可能にするものなど様々な種類があります。自転車好きは、是非チェックしておきたいですね!

洋服ハンガー

こちらは、スペインのインテリアデザイナーLARA PUJOLが手がけるはバスルームとドレスルーム。連続する床模様をバスルームとドレスルーム両方に使用することで、異なるスペースが連続して見えます。ドレスルームをすっきりとまとめながら空間のアクセントとなるのは、壁一面に大きく設置された洋服ハンガー。壁に付けられる家具の中でも洋服ハンガー掛けは、非常にシンプルですっきりと洋服や小物を収納することができます。シンプルモダンなバスルームと相まって、まるでショールームのようなスタイリッシュなドレスルームが出来上がっています。

飾り棚

こちらはYU MATSUDA DESIGNが手がける洗練された「Thin self」。端面の幅がわずか3.5㎜の壁面シェルフは、見た目の圧迫感がなく、お気に入りの小物をすっきりとディスプレイすることができます。飾り棚は、インテリアには重要なアクセント。白くぽっかりと空いた壁面を飾ったり、華やかに演出する際には欠かせないアイテムです。サイズ違いでいくつかリズミカルに配置したいですね!

ライフスタイルとスペースの問題をスマートに解決してくれる家具はいかがでしたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!