見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

今週のベスト5アイデアブック (1月10日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい!

1位、場所の特性を活かす住宅

住宅を建てる際に重要なのは何だろうか?周辺の環境は家を建てる際に向き合わなくてはいけない重要な要素だろう。それは好都合なものばかりでなく、あまり好ましくないものもある。だが、そのために快適な家づくりを諦めなくてはいけないのだろうか。建築家の後藤武は好ましくない環境の要素を、建物の魅力に変えてしまう特別な住宅を建てている。

https://www.homify.jp/ideabooks/12914

2位、遊び心溢れる建物「透明な地形」

愛知県の岡崎市にとても印象的な建物が建てられている。遠くから建物を眺めると、見えるのは形がバラバラな窓。そして建物の中央部分がくり抜かれている特別な構造。それは一目見たら忘れられないような個性的な外観をしている。建築家、南川祐輝が建てたのは、このような特別な建物「透明な地形」。それは普通の住まいにない特別なものとなっており、建物に住む人を刺激するような空間が生み出されている。

https://www.homify.jp/ideabooks/13858

3位、実家と繋がる家

下松の中庭: CONTAINER DESIGNが手掛けたです。
CONTAINER DESIGN

下松の中庭

CONTAINER DESIGN

実家の敷地内にもう一軒の家を建てたいというクライアント。実家との繋がりを感じられ、子供達が外でも中でも自由に遊べるような空間を作ってほしい。というのが大きな2つの要望であった。こんなクライアントの希望を見事に叶えた、CONTAINER DESIGNの岸本 貴信氏が設計した住宅をご紹介致したい。

https://www.homify.jp/ideabooks/13844

4位、日本の伝統を感じるデザイン

色々な国の雑貨屋や家具屋に行くと気が付くのだか、日本の文化に少し影響を受けたようなデザインのプロダクトは多くの国々の都市で良く見かける。ロンドンの家具屋さんでは、折り紙の様な照明を多く見つけたし、ベルリンでは日本の桐箪笥が大好きなドイツ人のデザイナーの作品を見つけた。とても繊細で細部まで気を配った日本の伝統工芸品は日本人含め世界の多くのデザイナーを魅了してきた。素材や構造など、日本の伝統と新しいアイディアを組み合わせた、面白いデザインを今日はご紹介致したい。

https://www.homify.jp/ideabooks/14594

5位、マンションの一室のリノベーション「中京区の家」

中京区の家/リビング ダイニング: 一級建築士事務所 こよりが手掛けたリビングです。
一級建築士事務所 こより

中京区の家/リビング ダイニング

一級建築士事務所 こより

住宅のリノベーションというと様々なものを思い浮かべるだろう。その対象となるのは、一軒家、マンションの一室、そして住宅以外から転用する建物など。今回取り上げたいのはマンションの一室のリノベーションだ。それは他のものに比べると外装に手を加えられないため、内装しか改修することはできない。では、それだけで空間を大きく変えることができるのだろうか。今回はその一例として、建築事務所「こより」が手がけた仕事を紹介したいと思う。

https://www.homify.jp/ideabooks/14511

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!