Симуков Святослав частный дизайнер интерьераが手掛けた子供部屋

U-20の部屋はこう作る

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

子供から大人へと変化し続ける十代の子供たち。もう子供っぽいインテリアは似合わないし、勉強にも集中して欲しい。多感な年齢だから自室ではリラックスして欲しい… 。親心と微妙な年齢の彼らも満足させる機能的なインテリアを紹介します!

1、機能的なレイアウト

MARIANGEL COGHLANが手掛けた子供部屋
MARIANGEL COGHLAN

Recámara infantil basada en Harry Potter

MARIANGEL COGHLAN

こちらはユニークなレイアウトで、勉強スペースとラウンジスペースをうまく区別した機能的なお部屋です。ロフトベッドの下にデスクを設置、ベッドへは梯子ではなく敢えて階段を設置することで収納兼パーテーションに。左側はスタイリッシュな本棚と居心地の良いソファで友人を呼んで寛げるラウンジスペースとなっています。勉強とリラックス、スペースに明確な区別があることで気持ちを切り替えることができ、よりそれぞれの時間に集中できるお部屋となっています。

2、壁と床を使う

こちらのお部屋の大きな特徴は壁と床の使い方。床にはロマン溢れる古代地図モチーフが、一部の壁はホワイトボードとなっており自由に落書きしたりメモ書きすることができます。子供の頃の純粋な気持ちが甦りそうですね。またドアの横の黒い壁にはボルタリングが設置されています。少年から青年へと移り変わる時代の男の子にぴったりのインテリアです。

3、コンパクト&ミニマル

もちろん十代の若者と一口に言ってもそれぞれ非常に異なる個性を持っています。こちらはコンパクトなお部屋をミニマルに装飾した場合。白と明るい木材がメインになったシンプルでも温かみのあるお部屋です。ベッド脇の壁を水平方向に切り取って配置された写真がこれから羽ばたく広い世界を暗示しているかのよう。

4、刺激を抑えた色使い

大きな面積は白とグレーで統一し、アクセントでマスタードと黄緑を追加したインテリア。視覚的に刺激が強すぎたり、落ち着きをなくす強烈な色ではなく、このようにカラフルでも少し彩度を抑えた色が若者の部屋にはぴったりです。

5、レンガの壁

こちらは一般家庭でも応用しやすいインテリアです。L字型のデスクで省スペースでも作業スペースは広々と、DIYでも簡単に作ることができる棚、ロールカーテンなどなど。しかしこのお部屋の大きな特徴はやはりレンガの壁です。ラスティック&インダストリアルな印象をプラスして雰囲気を一気に魅力的に変えています。

6、木材+マルチカラー

こちらはContraste Interiorによるインテリア。カラフルな色調と様々な幾何学図形を組み合わせた魅力的なミックススタイルです。カラフルに見えても実は使用されているのは大きく分けて三色のみ。そしてベッドサイドの引き出しや六角形の棚はナチュラルな色を生かした木製なので、うるさくならず全体が穏やかな雰囲気となっています。透明アクリルの椅子がモダンさをプラスしています。

7、色調の統一

様々なパターンとテクスチャが使用されたこちらのインテリア。通常これだけのパターンを使用するとうるさく散らかった印象になってしまいますが、色調をライトグレーで統一したことで賑やかでもまとまりのある空間となっています。陽気なイエローが差し色に。

8、調和と落ち着き

中間色でまとめた調和の取れたお部屋です。明るいけれど落ち着きがあり勉強もはかどりそう。大容量の壁面収納が活躍して部屋の中央がまるまるフリースペースに。部屋面積自体は小さくても、穏やかで風通しの良い広々とした印象を作ることができるのです。

9、スペースを有効活用

CREA Y DECORA MUEBLESが手掛けた子供部屋
CREA Y DECORA MUEBLES

Cama abatible horizontal con escritorio

CREA Y DECORA MUEBLES

すっきり広々とした印象のこちらのお部屋、その秘密は収納式ベッドです!デスクの横、薄い水色のボックスが実はベッドなのです。友人を大勢呼ぶときや、部屋でストレッチやヨガなど軽いスポーツをしたい時にはベッドをさっと仕舞えば広々としたスペースが出現。一人暮らしのワンルームインテリアにも応用できる機能的なテクニックですね。

10、子供から大人へ

MARIANGEL COGHLANが手掛けた子供部屋
MARIANGEL COGHLAN

Recámara para niño

MARIANGEL COGHLAN

こちらは深いブルーを基調にしたインテリア。赤みのあるフローリングとのコントラストが鮮やかです。ベッドシーツとラグもブルーを選択、ベッドや引き出しはグレーでまとめて統一感のあるインテリアに。大人へと近付く微妙な年齢、若者らしいフレッシュさと徐々に芽生える落ち着きがミックスされた魅力的なインテリアです。

かと言ってスタイルを押し付けないのも肝心です。ぜひあなたの感想も教えて下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!